人気ブログランキング |

liberté,amitié,illimité


by echalotes
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

3月の気温に戻って
初夏の気温を感じた野菜や花、人間は
とっても戸惑う。

「寒い、寒い!」

c0124619_21522186.jpg


町を歩く人が
「あ゛ー」とか「う゛~」と唸ってる。

長袖Tシャツ、春のセーター、厚手のブルゾン、
手がかじかむので手袋をしたいくらいだけど、
手袋は全部閉まってしまったな。

カシューの散歩公園では、この寒いのにシャワータイムだ。

c0124619_21532735.jpg


藤の花もなんだか雨が降っているように咲いている。

c0124619_2154917.jpg


こんな日は、畑に行っては風邪を引くだろうし、雨の予報が出ている。

c0124619_21551191.jpg


虹のようなツツジだけが輝いている。

c0124619_21561230.jpg



そうそう、こんな日は書類の整理や行かなくてはいけないお役所関係のところを町を見物しながら歩くのがよろし!

c0124619_21572377.jpg


と、巨大なマロニエを見上げて思う。

c0124619_2158253.jpg



フランスでは、5月は税金の申告の季節だ。

ネットでの申告もポピュラーになってきているけれど、
どこか信用ならない・・・という気持ちから税務署に足を運ぶのだ。

c0124619_21593134.jpg


この立派な建物の中では、申告だけを扱っている。

秋になって、税金を払う時期にはまた別の建物に行かなくてはなりませぬ。
税金関係の建物は、町のあちこちにあるのだ!
そして、税金関係のお手紙は、もれなくちゃんと届く!

この税務署のすぐ近くにカテドラルが聳える。

c0124619_2222328.jpg


“絆創膏”が貼られているよ。
ここでも屋根の修理なんだな。

マレの小屋の屋根のように、トタンをエィっと乗っけるだけではすまいないものね。


郵便局や保険庁など、用を済ませたいところを全て周って・・・

ここは小さい町で人口も少ないので
こうやって一日に何件も用事を済ますことが出来るけれど
大きな町では、一日に一件くらいしか用事を済ますことが出来ない。

南仏で住んでいた大きな町では
保険庁だって、まーーーーーーー人が並んでること。
20人とか30人とか・・・
それに、一人一人に時間がかかるし
受付の人はたいてい、イライラしていて
そういう雰囲気では事はスムースに進まず、声を荒げる人もいたりするのだが
ここは、平和だ。

受付の人のしゃべり方も穏やかでゆっくりだ。
だいたいとんでもないアクセントがないからわかりやすい。

もう大きな町には住めないぞ・・・と帰り道にもカシューの散歩公園を通ることにする。

c0124619_22245484.jpg


やっぱりツツジが美しい。


正門の藤は、山のようだ。

c0124619_22232915.jpg


こんもりとしたマロニエの巨木も山のよう。

c0124619_22111599.jpg


郵便局やお役所関係の建物には、犬は一緒に入れないのでカシューはお留守番だ。


c0124619_22124690.jpg


またシャワーの時間に当たった。

前を仲良く歩くは、猫車仲間のおじさんたちだ。

c0124619_22141024.jpg



うーん、一日行かないだけでもマレが恋しくなるね~

結局、今日も雨らしい雨は降らなかった。
by echalotes | 2010-05-03 23:15 | 日常の特別

吐く息も白い花の季節


鳩も煙突で暖を取る

c0124619_752261.jpg


寒い朝だ。

c0124619_754618.jpg



朝の散歩では吐く息が白くてちょっとびっくりしてしまう。

c0124619_76313.jpg


c0124619_765846.jpg


c0124619_772391.jpg


雪柳、ムスカリ・・・カナメの赤い新芽に少し暖かさを感じてほっとする。


午後は、毎月恒例の下のマレの散歩だ。

決めているわけじゃないけれど、だいたい月に一回くらい下のマレの小道と土手を散歩している。


まず目に入ってくるのは

「あ~、かわいい!」

c0124619_7104093.jpg


お花見じゃなくて、蕾見だけど、飽きない。

c0124619_712513.jpg


c0124619_7131887.jpg


c0124619_7135178.jpg



下のマレでも、お花見と焚き火がセットになっている。

c0124619_7145082.jpg



木々の下の花々にも眼が行く。

c0124619_7153657.jpg


c0124619_716478.jpg



今日は、花だけでなく、いろんな小屋の屋根にも注目してみる。

c0124619_7173788.jpg


c0124619_718975.jpg


いろんなトタンの屋根の乗せ方がある。

c0124619_7183217.jpg


c0124619_7192258.jpg


護岸にもみんな苦労してるようだ。

c0124619_7201079.jpg



鬼の茶せんには、黄色い新芽が出ている!

c0124619_7252449.jpg



この鬼の茶せんを通り越すと・・・土手に出るのだ。


c0124619_7261177.jpg


こんなふうに、手入れをする人がいなくて藪になってしまっている島もある。

c0124619_727061.jpg


こちらは左岸の下のマレだけど、丁寧に畑の部分が耕されている。美しいな。


c0124619_728921.jpg


こうしてみると、日本の里の春みたい

c0124619_7283897.jpg


だけど

c0124619_7341480.jpg


カテドラルが現れると

c0124619_7345187.jpg


異国にいることを実感するわね。

c0124619_7352862.jpg



c0124619_73666.jpg


c0124619_736467.jpg


c0124619_7371297.jpg


お、お隣のニコルおばさんが畑を耕している。遠すぎて声がかけられないな。

c0124619_738229.jpg


ニコルおばさんの後ろに見える小屋が、屋根無しの我が小屋だ。は・は・は~!


c0124619_7392668.jpg


珍しく、日に3本くらいしかないリヨン方面への列車が通る時間に当たった。


はい、今日のお散歩の終点です。

お疲れ様でした。

c0124619_7403763.jpg


週末は、いいお天気になるようだ。

さあ、畑仕事に精が出るぞ~。
by echalotes | 2010-04-14 23:01 | マレ・菜園

小雪が降る朝があったりもする。

c0124619_4395144.jpg


しかし
花や芽はぐい、ぐいーっと
かなり動き出している。

c0124619_441729.jpg


c0124619_4402520.jpg


c0124619_4413173.jpg



冬眠の終わりは、ごそごそと
身支度と様子伺いの外回り。


c0124619_4415225.jpg



かつて使われていた碾き臼の残る水車小屋の公民館で行われる
姫りんご通り地区のアソシアシオンの総会への顔出しは

バナナ姿で決めてみよう。

バナナ・・・

フランス語でリーゼントのことをなんとバナナと言うのですよ。
前に伸びる部分の形がバナナに似ていると言うことでね。

前髪がまだまだ下りてくるほどに生えてこないから
バナナのバナナの部分はできないけれど

ジェルで固めて

うーん、こんなことをするのは始めてだから

バリバリのガチガチには固めないけど

それなりに・・・


と、そろそろと行ったら、

水車小屋の前で
地元紙のジャーナリストに話を聞かれ
そんなことは
アソシアシオンの大きな集まりのときはよくあることで
書かれる記事の内容も想像できるからいいのだけれど

写真を撮りたいとおっしゃる!?

このバナナ姿で?????

と、戸惑っている暇なく写真を撮られ
「はーい、今度はお宅の方を指差しながら・・・」

そんな格好付けの格好なんてしたくないんだけど

している。

いくら小さな地方紙とは言え、
その写真は載せないでくださいね。

他に、何か大事な記事があるでしょうから
そっちの方の写真を載せてね。


c0124619_644538.jpg


しかし、

新聞に載らなくとも
世のみなさまには、お見せしていくことになる
バナナ

で動き出す春。

c0124619_4541225.jpg


このアソシアシオンの会長はフィフィ兄!
頼りになりそうで非常に厄介で、厄介だけど頼りになることもある
非常に面倒くさい会長さん、はりきっています。

総会の終わりには、ガレット・デ・ロワとシードルのおやつに
おば様方おじ様方、どーっと押し寄せる!
すばらしいですよ、このパワーは!



こんなバナナ頭で見る景色の中で、小さい春があちこちで動いています。

噴水の水も穏やかで

c0124619_4503769.jpg


市役所での結婚手続きを終えたカップルの写真撮影も行われ

c0124619_4512646.jpg


この町では、カシューの散歩公園は結婚式後の写真撮影のお決まりの場所なのです。

川の水にもぬくもりが感じられる。

c0124619_4521331.jpg



そして

冬の間と同じように葉がない木々でも
その手触りは、やわらかな髪のようで

c0124619_543917.jpg


こわばらず

c0124619_4495953.jpg


光の方へ

c0124619_544274.jpg


伸びをするように

c0124619_5443244.jpg


重い腰を上げ

c0124619_545548.jpg


自由な空へ歩いていく。

c0124619_542075.jpg




冬眠もそろそろ終わりです。

健康になるための町のドクターたちのところへの旅は続きますが

りんご姫、おしりふりふりのカシューとともに動き出しますよ。


家の中、町の中、マレで
そして、他の町へも

このバナナ頭でね。


たぶん中毒気味になっている編み物は続くと思いますが
PCの前に座る時間は減っていくことでしょう。


ブログの更新がないぞ~と思ったら、

そのときは

このバナナ頭がどこかで動いているということです。


なーかなか~楽しいおいしい冬眠ができました。

冬眠中の応援、合いの手、ありがとうございました!

一礼!!!

バリバリのバナナ軍団は礼儀正しいのである!

以上!
by echalotes | 2010-02-22 06:16 | 我が家で静養

吸血鬼センターへ行く


早朝に外出するのにはすっかり不慣れになってしまった。

8時半のランデヴーのために
身支度を済ませ
カシューの簡単な散歩を「早くおしっこして~」と思いながら済ませ
町の方へ
ゆる~くきつーい坂を登っていく。

歩いているときは気がつかない道の傾斜で
そこについてから、「ちょっと息切れしてる」と気付くわけである。

c0124619_2210221.jpg


この血液検査専門のラボは
朝7時半から開いている。
予約を入れたとき、絶食の必要があるから朝早くお願いしますと言ったものの
「8時?8時15分?8時半?・・・」と聞かれて
「早いといっても…犬の散歩もあるし…8時半でお願いします!」と答えたのだった。

週の真ん中辺りは患者さんが少ないようで
待合室は空っぽで
椅子に座ったと思ったら
「りんご姫さーん」と相当太ったおばちゃんに呼ばれた。

このおばちゃんが今日の吸血鬼だ。


検査項目が多いので
刺した針に小さい試験管を5本付け替えて
血を吸われた。

1つの試験管に大匙1杯以上入っているよ。
その黒くて赤い、どちらかといえば美しい色を見ていたら
あーお腹が空いている…と思いながら
ふーっと気が遠くへ行ってしまいそう…と思った。

ここでも、受付のおばさんたちとそこにいる患者さんたちに
「さよなら」のあとには「BONNE JOURNEE ボン ジュルネ」。



ひとつ“仕事”が終わると
お腹は空いてるんだけれど
散歩がしたくなる気持ちのよさだ。

c0124619_2211143.jpg


この曲がり角を曲がろう。

っとその前に、この角っこのかなり傾いていた建物

c0124619_22122220.jpg


修復するのかと思ったら、このままで終わりらしい。


角を曲がると
そこはかつて城壁だったところ。
すぐ後ろにカテドラルがある。

c0124619_2212476.jpg


ほんとうに町の中心の中心だ。


家に戻ってほーーっとゆっくりと朝食を済ませ
改めてゆっくりとカシューの散歩へでかける。

c0124619_22132510.jpg


いい天気だ。
川岸の木々が伐採されたので、向こう岸がよく見える。


c0124619_22134562.jpg


ほーら、ずいぶんさっぱりきれいになってしまったでしょ。


それにしても久しぶりの太陽は気持ちがいい。

c0124619_22144330.jpg


すっかり姫りんごの実も減ってしまった。
その実を争うようにつつきにメルル、日本語でクロウタドリがやってくる。
こういう様子は春が来るぞという風景なんだな。

メルルは何羽いるでしょう?

c0124619_2215198.jpg



このまま太陽が輝く一日になるのかと思ったら
雪が散らつき始め
午後のカシューの散歩の頃には再び日が出た。


c0124619_601414.jpg


さっき降った雪がまぶしく光ってる。


c0124619_604974.jpg



c0124619_612047.jpg



今朝、すぐそばに見たカテドラルは遠くで輝いていた。


c0124619_6259.jpg




夜になってまた雪が降り出し
夜の散歩で
カシューは跳ね回る。
雪のときだけにする特有の跳ね方があって
その跳ね方を見て
「おかしいよ~♪」とよだれを垂らして笑ってしまうりんご姫である。


雪で道を清めてくれるのはいいけれど
明日は、また別の検査で、今度はお迎えタクシーが来てくれるのだけど
あんまり積もると、車の移動も無理になっちゃうよ~

ただいま5センチの積雪の我が家の気象台である。
by echalotes | 2010-02-10 22:11 | 我が家で静養

天気がいいから掃除をしようという気持ちもあるが
日曜日の午後は
街中も静かだし

いつもとは違うコースで観光散歩だ!

カシューの散歩公園を通り抜け
3つ星のホテルの横を通り

c0124619_1543457.jpg


こういう街並みを目の前にすると
異国に住んでいるんだな~と現実を思い出す。

c0124619_23184219.jpg


木造の古い建物もかなり残ってはいるけれど
火災の被害を受けて消えていったものが多いそうだ。

c0124619_23192286.jpg


HとDの飾り文字が刻まれているこの建物は
わりと最近外装が補修されたはずだ。

8年前くらいに、この町で旅行に来て
小さいプチ・トランに乗って町の見物をしたときには
この建物は非常に古ぼけた格好だった。

HOTEL-DIEU オテル ディュ

c0124619_23195154.jpg


そう、かつては、病院であった。
今は、いろんな団体、協会の事務所として使われていて
1994年に病院の機能は、
ポワーットドクターがいる隣町のクリニックや
この町のはずれ畑の真ん中にある病院に引っ越してしまったわけだ。

c0124619_23201522.jpg


病院の建物の続きには、チャペルがある。
りんご姫がいた南仏の町では、医学部の建物とカテドラルが直結している。

街を囲むように通っている広い通りを歩いていくと
右手には川が流れ、左手の少し高いところには、
塀に囲まれた「小麦市場」と名のつく大きなレ・アールがどっしりとある。

昔は、もちろん小麦の取引が行われていたのだ。
今は、土曜日の朝にここに市が立つ。

c0124619_23203961.jpg


写真の右手の木の間に小さく見える四角い箱のようなものは
遠くに見えるカテドラルの塔です。

そして「小麦市場」の前には

c0124619_23214113.jpg


水車小屋。

「ここで挽いた小麦粉売っています」と看板に書いてある。
挽いたばかりの小麦粉って・・・なんだかおいしそうなパンが焼けそうな気がするわね。
じゃ、いつかね・・・

しばらく歩いて、大きな交差点で
右手に行けば高速道路の入り口や
名ばかりの飛行場へ行けるところを
左へ、また街の中心へと向かう。

商店が並ぶこの通りには
犬の美容院もあるね、手芸屋さんもあるし・・・

そして犬も歩けば教会に当たるこの町だ。

c0124619_23221055.jpg


カテドラルのミニチュアのようなゴチック式のサンピエール教会は
いちばん古い部分は、13世紀にできたそうだ。

それから、
以前、立派な煙突だけ紹介した立派な館の裏手

c0124619_236139.jpg


ジャック・クールの館と、今日は名称だけ書いておきましょう。
この街で生まれたこのジャックさん、15世紀に貿易などで活躍して
このジャックさんが香辛料やらお茶などもフランスにもってらしたと聞いた。

c0124619_4405736.jpg


当時、貿易のために使ったのは船。
りんご姫が住んでいた南仏の町にも、ジャックさんのこれにそっくりの銅像があるのですよ。
香辛料とお茶、生活に欠かせませんねぇ。
ジャックさんとこの立派な館については
またいずれ、語らなくちゃね。


c0124619_23242556.jpg


ジャック・クールの館のはす向かいには裁判所

裁判所の横の美術館

c0124619_23252550.jpg


このベリー美術館の中庭には、いのししの像が見える

c0124619_23262473.jpg


ここも、またゆっくりと中に入って、なんでいのししがそこにいるのか
聞いてみましょうね。
カシューと一緒だと、どこも中には入れません。


そして、

この日、日曜日の朝には市場でにぎわっていたサンボネの広場の
レ・アールとは反対側にあるサンボネ教会。

教会の建物のは右の三角屋根。
横の家々は、司祭たちの住まい。
飛んでいるのは、鳩。

c0124619_2411855.jpg




本日は、我が町の石の建物見物にお付き合いいただきました。
石畳をかなり歩きましたので
足がお疲れでしょう?!

この町の様子を思い浮かべながら
ゆっくりおやすみください。

歩きなれない道は疲れるの~。
by echalotes | 2010-02-02 23:32 | 我が家で静養

月曜日の街が好き


晴れた朝は

ねじれた幹も素敵に見える。

c0124619_5431112.jpg


木々の間の空間が美しく見える。

c0124619_5434975.jpg


花をつけたときの姿も想像できる、名札にシャルルドゴールと書かれたバラ。

c0124619_5466100.jpg



明るい空に誘われて、いつもと違う入り口、出口から公園を出る。

c0124619_5472811.jpg


これもプラタナス。


いつもの街は、月曜日はお店が閉まって静かだ。

c0124619_5482985.jpg


c0124619_5485935.jpg


道から道への抜け道階段

c0124619_549443.jpg


街の中央へ行くにしたがって高くなっていく

c0124619_5503487.jpg


“山”のてっぺんがかすかに見える。

c0124619_5512363.jpg


閉まってるから気づくお店もある。

c0124619_552255.jpg


石畳の街の中央は、手押し車で郵便配達だ。

さっきかすかに見えていた“山”

c0124619_553644.jpg


c0124619_5533287.jpg


こうやって上に気をとられていると

転びやすい

c0124619_554865.jpg


石畳は、ほんとうに歩きにくい。

c0124619_5544823.jpg


今週は、いろんなケーキ屋さんを覗いてみたいと思っている。
どうしてかな~。
今日は閉まってるけど。

c0124619_555413.jpg


街の中央に民宿があるとは聞いていたけれど、ここだったのね。








いつもより長い散歩

c0124619_5564060.jpg


そりゃ
枕を見つけるのに
時間はかからないわよね。
by echalotes | 2010-01-26 05:57 | 我が家で静養

今年初めて、下のマレを散歩する。

c0124619_729755.jpg



桜の木肌が輝いて美しい。

c0124619_7295261.jpg


右を見ても
左を見ても

上を見ても
下を見ても

自然に編まれたもの、“編み編み”が目に入る。

目に入ってしょうがない!

自然じゃない鉄条網の編み編みだって、
“編み編み”として目に飛び込んでくる!

c0124619_7312271.jpg



c0124619_8351368.jpg



c0124619_835386.jpg


c0124619_836521.jpg



c0124619_8363188.jpg



c0124619_8365291.jpg


c0124619_8372096.jpg


新しい年になってヤドリギもずいぶん立派になった気がする。

c0124619_838637.jpg


ここにも象の足

c0124619_8384721.jpg


編み編みは続く

c0124619_839155.jpg


c0124619_8394551.jpg


c0124619_843546.jpg


c0124619_8402039.jpg


c0124619_8405041.jpg


c0124619_8433146.jpg


c0124619_8435410.jpg


c0124619_8442635.jpg



c0124619_8444640.jpg


c0124619_8465595.jpg


c0124619_8472693.jpg



c0124619_8475047.jpg


c0124619_8481225.jpg


ここでは編み棒はいらないから

こんなところで休んでる。

c0124619_8501465.jpg


c0124619_8503810.jpg


編み編みはさらに続く


c0124619_8514258.jpg


c0124619_8521030.jpg


c0124619_8523293.jpg


c0124619_853386.jpg



足元

c0124619_8533034.jpg


胴回り

c0124619_854674.jpg




c0124619_854337.jpg



天眼鏡で細かいところも

c0124619_8551593.jpg



ファンタジーな糸だってある。

c0124619_8555266.jpg


c0124619_8562012.jpg



きれいに梳いてもらって

c0124619_8571067.jpg



鬼の茶せん?

c0124619_858794.jpg



c0124619_8583425.jpg


c0124619_8585753.jpg






c0124619_7274258.jpg



c0124619_728139.jpg





c0124619_8594942.jpg


c0124619_901477.jpg


c0124619_915566.jpg


c0124619_922711.jpg


c0124619_924814.jpg


c0124619_931873.jpg


c0124619_934491.jpg



一緒によく歩いてくださいました。

りんご姫の目に入った順番で
同じ景色を見ていただきました。

カモと一緒に
どうぞお休みくださいね。

ガシガシシャンプーの後のふわふわカシュー
by echalotes | 2010-01-22 23:59 | 我が家で静養

大昔、年末には家の近くの商店街の「幸月」という和菓子屋さんで
ついてもらったお餅を買ったものだった。

大きなのしもちとやっぱり大きな鏡餅。

10日ごろには鏡餅にしっかり皹が入っていた。

c0124619_8145815.jpg


c0124619_8152675.jpg


切手なショコラ作り等に力を注いでしまったために
本日の鏡開きは
末広がりを願いながらも
いただき物でありがたく、いただきます!

c0124619_8161577.jpg


それに今日は大忙しでもあったのだった。

年に一度のカシューのワクチンを受けに
獣医さんのところまで歩いていった。

線路を渡った向こう側にある獣医さんのところへ行くのに
架け替えられた立派な歩道橋を渡る!

まるで歌舞伎の舞台に上がるような気持ちである。
嬉しい
よりも
ドキドキだ!

だって、階段の隙間から下が見えちゃう
そんな階段がこんなに長いのよ~。

c0124619_822344.jpg


エレベーターはまだ完成していない。

下から見るとこんなに高いのよ~。

c0124619_8255510.jpg


少し離れたところから見ると
結構長くて高いのがよくわかるでしょう?!

c0124619_822735.jpg


手すりにつかまりながら
慎重に
今日はカシューもこの初めての階段に
踊りだすことなく
慎重に足を踏み出してくれる。

「怖い、怖い。でも上り始めちゃったから、上まで行くしかないわね。」
声に出しました。

登山をなさってる方は
北アルプスの北穂高と槍ヶ岳の間の大切戸をご存知だ思いますが
りんご姫は、そこを歩いたことがあり
この階段は、あの大切戸よりも怖く感じるのでありました。

でも、上ったからにはよい景色。

c0124619_8312299.jpg


振り返ると遠くにカテドラル

c0124619_832592.jpg


立派な橋の上から向こうの丘の町を臨む

「あ、こんなことをしている場合ではない。
獣医さんの予約時間に間に合わなくなる!」


帰りに見上げる反対側の階段は

c0124619_834170.jpg


短くて、それほど高くなく
怖くない。
つまり、こっちの側のほうが高くなってるってことね。

というわけで

立派過ぎる歩道橋という大きな難関と
カシューの年に一度のワクチンを乗り越え
鏡餅も美味しくいただいた
今年は末広がりで
よい年になるでしょう。

あ、獣医さんのところでの話は
明日にしますね。
だって、この歩道橋渡り初めで
かなり疲れたのであります…

帰ったら、切手チョコのカンカンを取り出そう!
by echalotes | 2010-01-11 23:34 | 我が家で静養