人気ブログランキング |

liberté,amitié,illimité


by echalotes

2011年 02月 12日 ( 1 )

刺繍の話 Broderie


c0124619_7592761.jpg


このクロスステッチ Point de croix の刺繍は、
母が1979年に仕上げたもので
15年ほど前には
日本の実家の壁にかかっていて
当時のその我が家に遊びに来てくれたYYちゃんは
この刺繍のことを心に留めていてくれて
そのことがYYちゃんと会う度に
いつもといっていいくらい話題に上り
それはりんご姫にとってとても嬉しいことであった。


そして、今
YYちゃんは、日本よりいろいろ遠隔指導をしてくれる
りんご姫の刺繍のお師匠さんとなった!




YY先生の丁寧な作品を手元にお手本として置いて

c0124619_831043.jpg

この針山は刺繍用になりましたよ~

母が使っていた図案集が教科書になり

c0124619_7594988.jpg

なんとも古めかしいDMCの広告だな~

手元にある古い刺繍糸を使うことにして

c0124619_802680.jpg


まず選んだ模様 motif は

c0124619_759616.jpg


ギ GUI Viscum album ヤドリギ。


マレを散歩しているとこの時期たくさん目にするヤドリギ

marie claire idées マリークレールイデの雑誌のあちこちで
何年も前から目にしていた刺繍の図案になっているヤドリギ

ヤドリギはクリスマスの飾りによく使われるけど
冬枯れの景色の中で見るヤドリギの緑色は
暖かさも感じさせてくれるし
なんだかかわいらしいくて、大事にしたくなる気持ちになる

それで、小さなヤドリギの束の図案 diagramme を選んだ。

参考 marie claire idées N°51 décembre 2003  pp 140-141

しかし、実際の説明で指示されている糸の色や、生地の色や大きさや目の数・・・
全て、手元にあるもので作っていこうとしたために
全て、勝手なアレンジになっているので、あしからず!


では・・・

YYちゃん先生への報告も兼ねて!
小さいヤドリギの束ができていくまでの過程を見てくださいまし。
ほんとはね、この過程を紹介するのが楽しみで刺繍をしたかったのかもしれない~


まずは、ヤドリギを束ねているリボンの部分から

c0124619_8303438.jpg


それから3色の緑色を使った葉っぱが増えて

c0124619_8314693.jpg


全ての葉っぱが揃って

c0124619_8322593.jpg


バックステッチ point arrière も加わった小さい実がひとつ

c0124619_831611.jpg


そして、一気に実が増えて

c0124619_8334615.jpg


ヤドリギの小さい束のできあがり。ちょっとすずらんを思わせるような感じだな・・・

それから

この束の下に
何かメッセージをと考えて

A TOI  ア トワ あなたに

と入れることにして
2月の誕生石のアメジストの色
紫の色の糸を選んだ

c0124619_7104866.jpg


のは、

2月の6日は、母の誕生日、そして
今日12日は、YYちゃんのお誕生日だからなのだ。


二人の手仕事をしている姿を思い浮かべながら
ヤドリギの刺繍を毎晩少しずつ進めた1週間であった・・・


A TOI 
YYちゃんへ 
お誕生日おめでとう。刺繍の楽しさを教えてくれてありがとう。
日本からのご指導、よろしくお願いします!

A TOI
母へ   
遅くなったけど、お誕生日おめでとう。なんだか、おんなじように手仕事をしてますよ。
天上からの応援、よろしくお願いしますよ!

そして

A TOI
この記事を読んでくださってるあなたへ

 「春がいい風を運んできますように・・・」


A TOI には・・・
Merci à toi.
Je pense à toi.
のA TOIの意味も含めてるのであった~。


刺繍は編み物と同じように無心になれるけど
その楽しみはちょっと編み物とはまた違う。
模様がだんだん浮き上がっていくような
塗り絵のような、
そんなワクワク感、
そんな楽しみかな。

このヤドリギが、何に姿を変えるのか・・・お楽しみに。

さて、次の模様は・・・
予定は未定。
ということは、でも予定はあるってこと?!


P.S
閉店になるかもしれないといっていた
パリの刺繍のお店 Des fils et une aiguille
後継者が見つかったそうです。
あの小さいお店はこれからも
あそこで私たちを待っててくれるのでした!
よかったね~。
by echalotes | 2011-02-12 23:29 | 日常の特別