人気ブログランキング |

liberté,amitié,illimité


by echalotes

2010年 08月 13日 ( 1 )


今日は13日の金曜日。

ちょうど18ヵ月前の2月13日も金曜日だった。
その日は、手術台の上のりんご姫、
まな板の上の鯉になっていた。

それから1年半、
今日は水上の鯉になる!

川の水位が下がっているので、いつもの港から渡しを出港することはできない。
これは予定になかったこと。

では、
c0124619_19325085.jpg


下のマレを通って

c0124619_19331379.jpg


空は曇っていても

c0124619_193354100.jpg


夏の香りがする。

c0124619_1934138.jpg


まずは土手のところまで

c0124619_1935646.jpg


朝顔も咲いてる。

c0124619_1936266.jpg


ほら、あのトマト、

c0124619_19362438.jpg


ボルドー液をいっぱいかけられて真っ青よ。

c0124619_1937455.jpg


いつも通るのはこの左手へ曲がる土手の道。

今日は、こっち右手に曲がる。

c0124619_19375839.jpg


やっぱり

c0124619_19385110.jpg


どこもかしこも

c0124619_19395353.jpg


水が少ない。

c0124619_19404933.jpg


小さい流れでは、水がほとんどないっていいくらい。

c0124619_19402273.jpg


お天気は今ひとつだけど

c0124619_19441289.jpg


もうひとつの港、カラキ港に到着だ。

c0124619_19444165.jpg


この港にいた人たちと話をしたけれど
川の水位が下がった理由については、誰にとっても謎だ。

c0124619_1945146.jpg


さて、

本日、ここから出港するのは・・・

渡しではなく!

  ・
  ・
  ・
  ・
  ・


カヌー!!!


c0124619_19461978.jpg


こんな小っちゃなポリーヌちゃんとお姉ちゃんも参加するのね。

7月の暑いころ、畑仕事をしているときに
島の横をカヌーで気持ちよさそうに通っていく人たちを見て
「いいわね~、気持ちいいだろうな」と思っていたんだけど

我が町の観光局のサイトを見ていたら
この〝カヌーでマレ発見の旅〟に簡単に参加できることを知った。

泳げないけれど、水とは仲良し、
実は洗い物も好き〔洗い物要員が必要なときは声をかけてください!〕なりんご姫、
「長瀞のような急流でカヌー体験は怖いけど、この緩やかなマレの流れなら怖くない。」

それに、南仏のジャンに電話で話したら
『カヌー!?おまえさん、渡しが漕げるんだよ。カヌーなんてちょろいものさ。
やってごらん、やってごらん!』と笑われたこともあって
「よし、せっかくだものね」とこのりんご姫にとっては〝マレ再発見の旅〟に登録したのだった。

主催しているのは、我が町のカヌークラブで、そこから指導者が一人やってきて、ガイドをしてくれる。

ガイドといっても、手取り足取り教えてくれるわけではなく
みなそれぞれ、カヌーに乗って、あとは何かあればアドバイスをしてくれるという
とてもフリーな雰囲気だ。

c0124619_1947815.jpg


ただし、
いちばん気をつけなくちゃいけない、乗り込むときと降りるときは慎重にね!


c0124619_1947519.jpg


一人で参加したりんご姫、「いったい誰と乗ることになるのかな・・・」
と少々心配であったのだが、
カヌークラブの指導者のおじさんが一緒に乗ってくれることになった。

「あー、じゃあ、私は漕がなくても大丈夫ですね!」
「操縦は私がするけど、ちゃんと漕いでね!」
「はーい!」

c0124619_19481413.jpg


渡しで水上を進むときよりも、低い位置からマレを眺める。

c0124619_19483812.jpg


「おぉ~、我らのりんご姫じゃないかい~」
トニオ大先生のお出迎えだ。

c0124619_19495183.jpg


マレの仲間には、この〝カヌーでマレの発見の旅〟に参加することを言っていなかったので
みんなびっくり!

あ、クリクリ師匠にはちょっと話したけれど
本当は今日の夕方だったのが朝に変更になったので
やっぱりびっくり!

c0124619_19515162.jpg


クリクリ師匠の島の前で折り返し!
ポリーヌちゃんのお姉ちゃんは大喜び。
でも、ポリーヌチャンは、履いてたジーンズが塗れちゃって「うぇ~ん~」が
始まって、お母さんと途中下車。

c0124619_19535174.jpg


ここは、我が島!
島の淵が丸見えね。

それからカラキ港にゆっくりと戻り
こうして約1時間の水上の旅はクールに終わった。

c0124619_1955248.jpg


下のマレの川の中の鯉も「よかったね~」と言ったかもしれない。
これは、鯉じゃないか?!

c0124619_195688.jpg


参加費10ユーロの小さなカヌーの旅、りんご姫の小さな夏のヴァカンスの物語であった。




★カシューの夏休みプチ日記★

c0124619_2128527.jpg


「あー、あたしも連れて行ってくれたなら
カヌーの前を泳いでみんなをガイドしてあげたのにな。

お留守番は嫌いです。家の中は寒いしね~。」
by echalotes | 2010-08-13 21:37 | マレ・菜園