人気ブログランキング |

liberté,amitié,illimité


by echalotes

2010年 06月 04日 ( 1 )


今日は“真夏”のマレ仕事と題をつけてもいい気温の上昇ぶりである。


c0124619_4574139.jpg


朝は、ニワトコのアーチの中に見える畑が清々しい。

c0124619_4583493.jpg


朝露のせいで、草も葉も花もみんな輝いている。

雑草と、いろんな小さい花の種が入っていた「お楽しみ袋」の花の競演

c0124619_4581212.jpg


には、見向きもせず、カシューは自分の確認箇所をひとつずつ点検ながらの朝の見回りだ。
ネズミの巣とか水鳥のべべがいそうな葦の生え際とか、かなり入念だ。

隣の島には新しい借主がやってきて、きんぽうげはすっかり刈り払われてしまった。

c0124619_4585923.jpg


まだ小さいけれど、とうもろこしが元気だ。

c0124619_459221.jpg



山荘のひとり暮らしの“くじゅう”さんのところのペレは、新月になると食欲がなくなるそうだけど、

新月のカシューは

おとなしい、

c0124619_4595233.jpg


お疲れ?

c0124619_501154.jpg


「我思うゆえに我木の前にあり」の哲学にふけってる?

c0124619_503421.jpg


ただ、暑いのね。


静かなカシューの代わりに、今日は川の魚が元気に動いている。

川の多くの箇所が濁った水だけど、ところどころ済んだ部分もある。

c0124619_505552.jpg


c0124619_51185.jpg



睡蓮の葉の下にも魚のべべたちがいっぱいいる。

c0124619_513793.jpg



種から育てたマリーゴールドが大きくなってきたので
トマトの脇にコンパニオンプランツとして植えた。

c0124619_522417.jpg


マリーゴールドの葉の香りはとても心地よい。

c0124619_524835.jpg



それから、ジャガイモの土寄せをし、これから植え付けや種まきをする部分を耕して

さあ、午前中の仕事はここまで!


ちょいと船で散歩に行こう!


ジョゼのところへ行くにはかなり遠くて“アマゾン川”を通って行ったけど
セルジュの島はお隣のトニオの島の並びにあるから、
それほど遠くはないけれど
やっぱりえっちらおっちらで
さしずめ
“メコン川”を上っていく。

c0124619_551463.jpg



セルジュの島の中央には、コンクリートの大きな小屋が建っていて
その脇には、こんな地下室のようなシステムの小さな小屋もある。

c0124619_57873.jpg


上部には、バーベキューが設置してあるけど中は・・・

c0124619_573275.jpg


とっさに思ったのは、
ここでウドができるのではないか!!??ということだった。

今は、何も作ってないらしいので、
密かに「これはいつか頼んでみようか。頼めるか。」と
もう実現できる気になって、ウドの食感が口の中に蘇ってきて嬉しくなった。


我が島よりずっと大きいけれど、同じように
小屋を挟んで、芝生の広がる方には果樹がたくさんあり
逆の方には、野菜畑が広がっている。

セルジュが、小屋の説明や畑の作物の話をしてくれたり、我が島の小屋の修理計画を話してくれている間中、
カシューは、島の周りの葦の中を水鳥の後を追いかけて、どろどろコロッケになっていた。

我が島への帰りがけに
トニオに「重症だね!」と呆れられたカシューのまっくろくろすけぶりは、
いつもにも増して傑作だった。

c0124619_581915.jpg


カシューは南仏生まれだけど
完全なマレ育ち。

新しく「マレ犬」という犬種を登録して、
ネズミ捕り、水鳥避け、穴掘り名人としての畑の開墾等、マレ仕事請負犬の立場を確立すべきかもしれない。
もちろん、泳ぎは大好き、まっくろくろすけコロッケ作り大得意のチェック項目も加えてね。


お腹の中へは

畑の野菜のお浸し2種!

c0124619_5113221.jpg


春菊と、花付き水菜のお浸しだけでお腹がいっぱいになりそうだ。


そして、

お食後2種!

c0124619_592982.jpg


昨日、我が島でいちごが見つからなかった悲しみが、
さくらんぼといちごをほおばる喜びに一気に変身した!

持つべきものは、果樹をたくさん持つマレ仲間!
by echalotes | 2010-06-04 23:25 | マレ・菜園