人気ブログランキング |

liberté,amitié,illimité


by echalotes
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

2010年 06月 03日 ( 1 )


今日は、朝のうちは長袖での作業だけど
夕方には半袖でも暑いくらいになり
“夏”と呼んでもいい日になった!

c0124619_8241754.jpg


朝8時前にカフェ・マレがオープンした。

c0124619_8244021.jpg


カラーの花がカフェへの道を教えてくれる。

雨漏りのする小さな小屋もカフェと呼べば・・・カフェになる。


島を一周して、点検することはだいたいいつも同じだ。

c0124619_823619.jpg


水菜は、すっかり花畑になっている!

c0124619_8232712.jpg


春菊は、どうする~こんなに食べられるかな。

c0124619_8234817.jpg


セロリは、そろそろ少しずつ食べられそうだ。


残念なのは、楽しみにしていた赤くなっているはずのいくつかのいちごがひとつもなかったことだ。
くちばしのとがった水鳥のフルクが持っていってしまったのか、
あるいは、二本足の哺乳類が夜中にでもやってきたのか、
ちょっと悲しいね。

空からやってくる鳥も大敵だけど
水鳥はすごい。

びっくりしたのは、
青梗菜の葉っぱも
ごぼうの葉っぱも食べてしまうのだ!

青梗菜の葉っぱなんて苦いと思うんだけどな。
水鳥はなんでも食べるのだな。
網で囲っておかないと全部食べられてしまう!

c0124619_833066.jpg


数は少ないけれど、さくらんぼも赤くなってきた。
さくらんぼの木も、この秋には手当てをしてあげなくちゃな。


c0124619_8343923.jpg



お昼には家に戻り
カラーと水菜の花で、夏と春が混ざったちょうど今の気候のように花を生け

歯医者さんのペコちゃん先生に会いに行った。

抗がん剤のせいで、支障が出た歯の治療は一応終了した。
あと少し先生もりんご姫も調整したい部分があるのだけど
「甲状腺の問題がわかって、疲れやすいこともあるので
その治療は、秋になってもうすこし体調が安定してからにします」
と、先生もりんご姫も「それが懸命な選択だ」と意見が一致した。

別れ際には、もう!「よい夏休みを!」の挨拶をした。

ところで、
ペコちゃん先生のところへ行くのに、
約1年ぶりにワンピースを着ていった。

ちょっと気分を持ち上げたかったのと
しばらく前からスカートがはきたくてしょうがなかったのだ。

夏のスカートは気持ちがいい。

二本の練馬大根でしっかり大地を踏みしめて
そうそう、スカートもペコちゃん先生も薬よりも元気をくれた。

c0124619_8462116.jpg


おまけに、帰りがけに寄った新装開店したちっちゃいスーパーは
ワンピースの色の一部とと同じ色の
シックなシティ・スーパーに変身していて
マダム気分を思い出した。

そして、またきったない穴あきジーンズに着替えて
一人でマレへずんずんとやっぱり大地を踏みしめて行く。

c0124619_8454486.jpg


トマトはカーテンの下で元気にしていてくれた。

「芽かき」という言葉と作業を知ったのは
マレに来て2年目だったはずだ。

芽かきをしないで、トマトのジャングルの中で収穫をしていた姿を見て
後から「日本ではそうやって育てるのかと思っていた」と言ったマレの仲間がいたけれど
それはただ単に知らなかっただけなのだ。

フランス語で「 芽かきをする 」というのは

「 GOURMAND グルマン を取り除く 」という言い方をする。

GOURMET グルメ は、すっかり日本語にもなってるといってもいいでしょうね。
食通の意味だけど、グルマンは“食いしん坊”の意味。

栄養分を持っていってしまう余計な枝を、グルマン 食いしん坊 と呼ぶのがおもしろくてしょうがない。

美味しいトマトを求めるグルメのために、グルマンを取って美味しいトマトをつくる。

ほら、グルメとグルマン、もう覚えちゃったでしょ。

フランス人との会話では、このグルマン、ただ食いしん坊というだけでなく
甘い物好き、お菓子好きに近い感覚で使われてる場合も多くて
「私はグルマンだから、食後には・・・どのケーキを頼もうかな~」
とよく言う友だちがいる、いる!


以前は、甘いものをほとんど口にしなかったのにすっかりグルマンに変身してしまったりんご姫が
いちごが鳥だかなんだかに取られてしまったことを
ようやく実現するらしい本当の屋根の修理の話のためにやってきたセルジュに話すと
「僕のところにたくさんあるから食べにおいで!」

嬉しいね、こういってくれる仲間がいて。

「じゃあ、どうかな、この味は口に合うかな」と青梗菜を渡した。

セルジュは、奥さんともども料理をするのが好きで
中華風、和風のものも作って、巻き寿司も時々作るそうだ。

折りしも、和食ブームがレストランで食べる和食ブームに
自宅で作る和食ブームも加わりつつあって
今朝の「朝テレ」の番組の中でも
パリの古くからある日本食材店の「京子食品」が紹介されていた。

「りんご姫は料理は好きなの?」と聞かれたので

自慢した、自慢した!

「今や、パンも自分で焼きます!!!」

フランスでもパン焼き器で自分でパンを作る人も多くなってきている。
ちなみにクリクリ師匠もそうだ。

なんだか、マレの仲間の間でもパン作りの話ができそうでワクワクしてきたぞ。

橋本家に落ち着いている場合ではない。

やっぱり、太陽とマレは元気の元だな。

鳥も人間も、みんなグルメ、グルマンになるマレであった。
by echalotes | 2010-06-03 23:21 | マレ・菜園