liberté,amitié,illimité


by echalotes
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

秋の赤

c0124619_2237380.jpg


c0124619_2238145.jpg

c0124619_22382254.jpg

c0124619_22374274.jpg




c0124619_22391815.jpg




c0124619_22422520.jpg






「その声を残さず鷹の渡るなり」

「漉きし和紙干すコスモスの日差す中」

日本では今日はお彼岸の入りなんですね。

同じ秋でも日本とフランスとでは、やっぱり少し空気の感じが違うものです。

日本にいた頃もそうだったのかもしれないけれど、どの季節も好きながら、フランスに来てからは、特に実りの秋がいちばん好きになった気がします。

父の俳句にも気分的に助けられることもあるけれど、「詩」や「言葉」に助けられることも多い。

“小さな娘”の頃に読んだ「小さな娘が思ったこと」。
りんご姫は母親にはなれなかったけど、
「ひとの奥さんの肩にふりつもる あのやさしいもの」が
「日々 ひとを愛していくための ただの疲労であった」
ということが、今よく理解できる。

りんご姫の肩にも
「木犀みたいに
くちなしみたいに」
淡い香りが漂っているのなら
それだけでも
幸せだ。

大人になっても
どぎまぎしながら
じたばたしながら
生きていくこと

それでいいのだと
茨木のり子さんは
ずいぶん前から
教えてくれていたんだな。

茨木のり子さんの詩など

昨年だったか、新聞のニュースで彼女が、日本のりんご姫の実家よりそう遠くない所に住んでいて、その自宅でひっそりと一人で亡くなっていたという記事を読んだ。

人生に起こったことをきちんと受け入れながら亡くなったのか、最期までじたばたされたのか。
彼女のことは、なんだか「先輩」と呼びたい気分だ。
[PR]
by echalotes | 2007-09-20 23:03 | ツバメの王子の最期の日々