人気ブログランキング |

liberté,amitié,illimité


by echalotes
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

冬のマレ仕事1 雪の後の偵察

溶けた雪と降り続いた雨のせいで

c0124619_2195571.jpg


川の水かさがとっても多くて

c0124619_2201984.jpg


流れも速い。

c0124619_2204026.jpg


マレの奥から水が押し寄せてくるようだ。

でも、青空!

c0124619_221816.jpg



冬になってから初めて畑に行く。

c0124619_2214555.jpg


前回、船を出したのは10月の30日だ。
(そうそう、ほんとの最後は、ロールちゃんと行った11月7日でしたぁ。)

c0124619_222483.jpg


「今日できることは明日に延ばすな~」
そう、できるだけね・・・
特に畑では、できることはできるうちにやっておかなくちゃね、
急な天候の変化もあるしね。

c0124619_223229.jpg


ほら、やっぱり今日来てよかった。

この間、氷と雪と水をすっかり取り除いたばかりなのに
この通り、たっぷり降った雨がたっぷりと船に溜まってる。

ちょっとずつ、ちょっとずつ汲み出して・・・
小さな一杯もも山となれば、船に水はなくなる・・・

しかし「気の遠くなる話だな~」とつぶやきながらの作業である。

「船の漕ぎ方忘れてないわよね~」とちょっとだけ心配になりながら
ようやく、船を漕いで我が島の方へ向かうと、

島から引き上げてきたクリクリ師匠と
「ボンジュー、ボンジュー!!」

「元気だった?日本はどうだった?りんご姫の留守中、2度も水を汲み出したよ~」
「ありがとう!!ありがとう!!」

師匠の2艘ある船のうちの1艘が
港でりんご姫の渡しの隣に着けてあるので
頼まなくても、気がついたときに水を汲み出しておいてくれたのだ~。

風邪を引いてるクリクリ師匠は、
熱が下がったばかりだというのに、
それでも、自分の島で飼っているうさぎや鶏、そして猫に餌をやるためにやってきたのだった。

c0124619_2262234.jpg


クリクリ師匠は、クリスチャンという名前で
りんご姫の野菜作りのお師匠さん!
だから、クリクリ師匠って呼んでるわけです。

「またね!」と挨拶を交わした後は、


「ただいま~。我が島、我が畑!」

c0124619_227463.jpg


夕方の冬枯れの景色だね。

c0124619_2274561.jpg


ねぎと冬レタスは、雪が降っても、雪の下でも、元気でいてくれた。

c0124619_2281758.jpg


日の丸もかなりのお疲れの様子だけど、よく立っててくれましたね。

c0124619_2285744.jpg


キラキラしてるキャベツ、うーーん、りんご姫の代わりに虫が食べてる。

c0124619_2293812.jpg


「帰ってきたよ」と大きく深呼吸。

c0124619_230682.jpg



カシスは、もう芽を出しているね。毎年、いちばん気の早いのがカシスだな。

c0124619_2304533.jpg


マレに定住しているハクチョウたちも

c0124619_2313682.jpg


変わらず、寄ってくる。

c0124619_2315689.jpg


でも、君たち、雪の日は、どこにいたのかしらね~。

c0124619_2322729.jpg


カラーの葉はすっかりひしゃげてしまった。
これも毎冬のこと。

小屋の中に雨が降りこんだ様子もなく
特に異常なし!だ。

港まで戻ると
ジャンおじさんが
「ヴォワゼル水車小屋まで行くからよかったら送っていくよ」と声をかけてくれて
ぶーんと車で送ってくれた。

あっちでもこっちでも
いろんな人に助けてもらってるな~。
ありがとう!!

冬のマレ仕事も、また畑の仲間に助けてもらって
少しずつやっていくことにしよう。
by echalotes | 2010-12-09 23:50 | マレ・菜園