人気ブログランキング |

liberté,amitié,illimité


by echalotes
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

にっぽん・フランス「患者の気持ち」往復書簡⑥


3月10日には、また雪が降りました。
例年は、1度か2度、積もるか積もらない程度の雪が降るだけなのに
今年は、積もって、さらに数日残る雪が5回以上は降っています。


c0124619_0585479.jpg



抗がん剤治療終了から8ヶ月、放射線治療終了から6ヶ月が経ち、
眉毛や睫はまだまばらだけれど、
髪の毛は、前髪は下りてこないものの
頭のてっぺんの方は、櫛で髪の毛を分けることができるようになってきたので
なんとも嬉しい驚きを、今朝感じたところです。

もうすっかり病気のことを忘れてしまっているように毎日を過ごしていますが、
“手入れ”をするように、あちこち点検しながらの生活は続きます。

手足の痺れの原因が、甲状腺の問題からきているかもしれないと
血液検査の結果からわかったので、
10日に、甲状腺のシンチグラフィを受けてきました。


c0124619_0593387.jpg



シンチグラフィとは、核医学の分野の検査です。

c0124619_101173.jpg


検査の結果はすぐにわかるので、
高齢と思われる女医のマリー・クロードが説明をしてくれました。

まず彼女が言ったことばは、
「奇妙なことにね・・・」

また何か厄介なことが起きたのだろうかと
半ばあきれたような気持ちでその先を聞いていたら、
血液検査で出ている結果と、シンチグラフィの画像の結果が一致しないのだそうです。

マリー・クロードに
「甲状腺の治療薬は飲んでいませんか?海草を食べませんでしたか?」
と聞かれましたが、
私が飲んでいるのはホルモン治療の薬で、
海草は時々お味噌汁に入れて食べるくらいで
特別に海草ばかり食べているわけではありません。

そう答えると、
「内分泌科のドクターの所へ行く前に、もう一度血液検査を受けるように」
と言われました。


人間の体は、みな同じようで、かなり個性があるので
特別なことが起こってもそれは、そういうこともあるんだろうなと思う程度だけれど、
さて、今度の血液検査では、どんな結果になるのでしょう。
血液検査までは、お味噌汁にもワカメを入れないようにしてみようと思います。
ヨードの摂取量が多いと、甲状腺に関する検査の値に影響するのだそうです。


かかりつけのドクター以外の、各専門のドクターたちは、
どのドクターも検査の結果や治療方針などを
小さいテープレコーダーに録音します。
それを秘書が書面に起こします。

録音するときに、毎回ワンフレーズが終わるたびに
「ポワン。アラリーニュ。(まる。改行。)」
と、繰り返されるのが、なんだか合いの手みたいでおかしいです。
そこだけ、かなり強調されて聞こえてくるのです。


この甲状腺のシンチグラフィの結果を持って
まずは、またかかりつけのドクターのところへ行き、
血液検査の処方箋を出してもらって、
ラボで検査をし、
その結果を持って、
やっと、内分泌科のドクターの所へ行くことになります。

ドクターからドクターへの旅が続きます。


そんな旅の間には

おいしいものも作ったり、食べたりしながら

c0124619_104221.jpg


パンにも大雪注意報?!

c0124619_112432.jpg


パウンドケーキは爆発注意報?!


しっかり体の手入れをして、体調を整えていきましょう。


そして、世界中を北へ南へ、東へ西へ
駆け回れるように、これでもかというほどに元気になりましょう。


c0124619_132794.jpg



ところで、実際の痺れに関しては、
ビタミンB2、B6とマグネシウムを飲んでいるおかげと、
忙しく毎日を過ごしていて痺れをじっくり気にする時間がないので、
思い出すと痺れてるというのが現実です。
by echalotes | 2010-03-11 18:05 | 患者の気持ち