人気ブログランキング |

liberté,amitié,illimité


by echalotes
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

そろそろお雛様にボンジュール


カシューと朝の散歩に行こうと玄関の扉を開けると
近所のおじいさんが、ボンジュール。

カシューは、家から出て人がそこにいるとびっくりして
必ず吠える。
だいたい、早く外に出たいので扉の手前では
まるで急いで降りたいがために地下鉄のドアに鼻をつけているような
「開いたらすぐ飛び出す!」と待機している子どもみたい。

今回もまず吠え、それから「できたら、遊んで~」って
おじいさんの腿にしがみつく。

これはお行儀悪いことなんだろうけど
カシューの愛情の表現でもあり
みんなこうされるとにこっとしてしまう。

「寒いね~。少しは暖かくなってきたと思ったけど、
また寒気が来るらしいよ。」

お天気の話をしてほんの少し一緒に歩いて

「じゃ、私は新聞を買いに行くから」

「私はカシューとお散歩に行ってきます。
BONNE JOURNEE ボンヌ ジュルネ!またね。」

「あなたにも BONNE JOURNEE ボンヌ ジュルネ。」

BONNE JOURNEE は「よい一日を!」と願う言葉。


この言葉を交わす機会があると
その一日にちょっと弾みがつく。


そんな弾んだ気持ちと
友人からの「お雛様の刺繍ができあがりました」というメールで

「お天気がいい日にそろそろお雛様を出そうかな。
桃の節句が終わったらすぐに片付けなきゃいけないしね。
そうしないと、お嫁に行き遅れちゃうし・・・
あ、そういう問題はもうどうでもよかったんだわ・・・
じゃあ、一年中出しておこうかしらね・・・
ウヒッヒッ・・・」

と思ってたお雛様の箱を
天気が悪いが、ちょっとだけ覗いてみた。


c0124619_13518100.jpg


そして
色紙のお雛様だけまず飾ることにした。
かなり古くなってしまったので
色紙にもしみが多くなった。

りんご姫と一緒に年を取ってきたんだものね。


裏には「おひなさまのかざり方」の新聞の切り抜きが貼ってある。

c0124619_1354566.jpg


昭和46年の新聞だ。

毎年、これを見るまではそこにこの記事が貼ってあることを忘れ、
取り出してこの記事を発見しては、毎回驚くのである。

この新聞記事のように何段もあるお雛様ではないけれど
お天気のいい日に
いいお顔のお雛様を出してあげましょう。


メールをくれた刺繍が大好きな友人は
この春に高校生になる彼女の子どもがまだ2歳くらいのとき
日本の我が家に遊びに来てくれて
りんご姫の母の小さな刺繍を見たことが
刺繍を好きになったひとつの理由だと言ってくれた。

その刺繍は、ここにある。

c0124619_1344348.jpg


そして、母はいろんなところで行き続けている。
そんな気がしてしょうがない
色紙のお雛様との再会の日であった。
by echalotes | 2010-02-08 22:27 | 我が家で静養