人気ブログランキング |

liberté,amitié,illimité


by echalotes
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

トレ ビアン、 トロ ビアン、 トロロ ビアン なこと


体重が15キロあることがわかったカシューは
低カロリーののクロケットを食べるようになった。

カシューよりお友達のワンコの皆さんへ「うちはこれよ!」

c0124619_22444837.jpg
このNEWなドックフード、カシュは気に入っているようである。
c0124619_22451257.jpg

       この袋の口の開き方とジッパーが自慢なNEWらしい。

朝のビスケット、おやつも一切抜き。

多少のダイエットが必要だという事情がわかっているのか
「ちょうだい!」とねだってこない。

そのおかげで、すでに1キロ~1、5キロくらい減った。

これは・・・ トレ ビアン! 大変よろしい!


お昼と夜の食事の時間になると
「お腹すいた~」の声が聞こえてくる。

こちらの友人たちの中にも犬を飼っている人がいるけれど
あまり「お座り、待て、よし!」で食べ始める犬を見かけたことがないのだが

「お手」までは求めないにしても
挨拶はきちんと!がよろしい。

それで
どういうわけか
りんご姫は、カシューが我が家に来た時から

食事の前には

「お座り、待て、よし!」そして「 ボナペティ!めしあがれ! 」と声をかけている。

自然にそうなったんだけど
「ボナペティ!」と言うときには
フランス人の友達たちは、それを聞いて笑う。

この挨拶、掛け声はフランス語でだ。

だから「よし!」は「トレ・ビアン」になっている。



「お座り」がちゃんとできれば、ご飯が食べられることを理解しているカシューは
何かもらいたいときには、きちーんとお座りをする。

「ちゃんとお座りしたって、カシュにはなーんにもないよ。」

「お座り、待て」の後、りんご姫がトレビアンを言うのを渋って、じらすと
「ふーん、食べたいよ、まだだめなの?」ってそれでも待ってるところは、えらい。
りんご姫、カシュをじらして遊ばないように。



ここまでは、トレ・ビアンのお話。


ここからは
りんご姫の食事に話は移る。


パリ近郊に住むcocoちゃんのところで
長いも ignameイニャム が手に入って、おいしく食べた!
という記事を見て以来
「食べたーい、食べたーい・・・」が止まらない。


この町で長いもを手に入れるには

少し離れたアジア食品のお店に行ってみる
少し離れた大型スーパーの野菜コーナーを見てみる

いずれにしても、バスに乗るか誰かに車で一緒に行ってもらわないと無理だ。


しかし、「食べたい!」と思ったら、いろんな手段を思いつくものだ。

おせちにごぼうが欲しいと思っていたとき
すぐ近くのレアールの八百屋さんのところで12月31日にごぼうを見つけて、買って以来
そのお店の前を通ると
「ごぼうあるよ~」とか
「なんでも仕入れるから、必要なものがあったら言ってね~、お気軽に~」
と言われていたな・・・と思い出した。

そこで
「イニャムが欲しいんだけど」と言ってみた。
そしたら
「来週には仕入れておくよ。」
「そんなにたくさんはいらないからね」
「あー、だいたいサツマイモくらいの大きさだから、2本くらいってところでいいかな」


と言ってくれたので、楽しみに待っていた。

そして、先週の金曜日22日に「イニャムはあ~るかなっ」って行ってみたら

「おー、入ってるよ」と倉庫から取り出して来てくれた。



長いも 大きすぎる!

c0124619_2345814.jpg



サツマイモの大きさって言ってたのに。

これは

トレ ビアン を通り越して

トロ ビアン!よすぎーぃぃぃぃーっっっ。

1,7キロもある~。

「そうよね、八百屋さんも商売だもんね・・・」
と反省しながら、今回は「しかたない買おう」と買った。

値段は聞かないでね。悲しくなるから。

京子食品よりは安いけど、高かったわ。。。

「ネジテパ~、お気軽に~、遠慮しないでね~」
という言葉には要注意である。


このイニャムは

その風貌から

どうしても

動物に見えてしまう。

それもtamayamさんのところで会ったヤモリの肌とそっくりな色なので
「これは爬虫類のイニャムなのだ」と決めた。

それにしても、どうしてこの格好のイニャムを選んだかな...
八百屋のおっちゃんは。



とりあえず
「とろろそば定食」だ。

c0124619_2354378.jpg




興奮して勝手に泳ぎ始めた黄身は

c0124619_236487.jpg



どうやら
フランスの国の形に広がって
その喜びを表したかったらしい。
黄身も芸術家なのじゃ。


おろしたイニャムのとろろは
実際は、少し黄色がかっていて
泡がプクップクッとなっているところなどは
ケーキの生地のようだ。

日本の長いもを食べたのはずいぶん昔になってしまったので
比べようとしても、ちょっと難しいけれど
やはり
日本の物に比べると
風味にかけて、味も舌触りも大まかといったところですかね。

でも、
ずるるーって食べられたことは

トロロ・ビア~ン!



そして

こんなふうに

ブリック(サンタの袋で使ったものと同じ)や
のりに包んで揚げてみた。

c0124619_22461674.jpg


昔、餃子の皮にチーズを入れて揚げた物がお弁当に入ってたとき
「おいしかったな~」と思い出して

とろろの真ん中にチーズも入れてみた。

c0124619_22464158.jpg


もちもちしてるのと
ブリックで全部を包んだので
のりの風味と合わさって、まるで魚のすり身を食べているような気になってしまった。

これは、レモンとちょっとお醤油で食べると
おつまみでいける、いける。


それから

少し厚めに切って
かつお節をただまぶして
揚げた
和風チップス

c0124619_2247364.jpg


これは、ほくほくして“お芋”の味がしましたよ。


これで充分満足だけど

まだ半分

爬虫類のイニャムが台所にいるから

さて

どうやって

この子と遊ぶかね~。


新鮮なマグロが手に入るなら
山掛けにしたいね~。
生のマグロは、いつから食べてない???
一年以上は食べてないわね~。


c0124619_22473269.jpg


「あたしは、イニャム君と遊んじゃいけないの?そのヤモリ、食べちゃいけないの?」
by echalotes | 2010-01-24 22:47 | 我が家で静養