人気ブログランキング |

liberté,amitié,illimité


by echalotes
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

支えてくれたシェルパのみなさん、治療の峠を越えました。

乳がんが見つかって
目の前にどーんと大きな山が登場しちゃってから

いくつかの険しい峠をなんとか越えて

今朝、放射線治療の峠越えも無事終わりました。


乳がんだと私にはっきり伝えられたのが
1月7日だったので
偶然だけど
ちょうど9ヵ月後に
通院治療が終わったことになりました。



これからまだまだ縦走は続くわけで

よい景色が眺められる頂上にいられるときもあれば
藪の中で先が見えないこともあれば
急な上り坂でヒーヒー言うときもあれば
楽だなと思った下りで、足がガクガクして危うく転びそうになったり
こんなとこで?!と思うところで転んだり



またいろんなことがあるんだろうな~



いろんなこと

またいろんな人に

荷物を持ってもらったり
長い休憩に付き合ってもらったり
のどを潤す水を分けてもらったり
「こっちだよ」って道案内をしてもらったり


そんなふうに
シェルパのように助けてもらうこともあるだろし


もう、あまり重い荷物は持てないし、持ちたくないけど
きっと、私もシェルパになれるときもあるだろうし

c0124619_14261467.jpg


こんなふうにね。
これは軽いほうだな。
30キロ近くまで背負ったことがあったな。
このいちばん後ろの
りんご姫の
どっしりしたお尻と
しっかりした脚!!


まだ歩けそうです。



峠越えでお世話になった
そして、まだお付き合いの続く
りんご姫のシェルパ仲間・・・


フランスのドクターたち
病院の医療チーム
キネの先生たち
訪問看護婦さんたち
タクシー隊員のみなさん
薬局のみなさん
血液検査センターのみなさん
美容師さん

病院ですれ違った多くの治療を受けてる方々
誰も暗い顔してなかったな

友人たち
マレの仲間たち
ご近所のみなさん

おちゃらけ家族の面々


日本の古くからの友人たち
距離的にはいちばん遠い気がした家族

でも、いちばん身近な家族には
ひやひや、ひやひや
いちばん心配をかけたかな。
特に弟とカシュー!心配かけたね~

そして
ブログのお友達の みなさん !


一気にすごい数の人にお世話になったし
深く精神面で支えてもらいました。
病気のおかげで出会えた大事なたくさんの方々もいる。


降りてきたくても
こっちまで来れなかった、
迎えに来させなかった!
天上のみなさ~ん。


たくさんたくさんの「大丈夫よ」「がんばってね」の声と
メールと手紙とメッセージと…
天上からの確かに聞こえる声と


いくつもの笑顔が
いつもさわやかな気持ちにさせてくれました。


人生半ばの大休止。
なんだかちょうどいい具合に休めたような気がします。
病気のツバメの王子のぞばにずっといたり。。。
ここ数年の出来事に、休みたいなって思ってたから
ちょうどよかったのかもしれません。

この一休みはもう少し続くけど
少しずつ
日常生活が弾んでいく~

みなさん、

応援ありがとうございました。

これからも、
どうぞ
りんご姫の縦走に
シェルパ仲間として

みなさん、

よろしくお願いします。


では、

では、

「 乾杯! 」



c0124619_19433462.jpg





おいしいです。

体中に滲みるな~

カシュー、迎えに行くよ!!







c0124619_19464051.jpg


放射線治療の間
毎朝付き合ってくれた
窓からの風景

一息ね。

これからも毎朝、毎晩
「おはよう」「おやすみ」のあいさつは続くけど
写真は、気が向いたとき、
風景が美しいなと思うときに
撮りましょうね。




今朝の22回目の最後の放射線治療。

きのう「最後の病院への往復、あのロマナおばちゃんじゃないといいな。
静かに終わりたいな~」と思ったら
案の定、その通り!

ゥワーッ~!予感は当たるから、予感を持たないようにしたいんでけど。。。
「治療が終わったら、日本へもいくことあるんでしょ?!
そしたら、植物よ!植物療法よ!西洋の薬はだめ!」
あーあ、心配してくれるのはありがたいけど。。。
このおばちゃんの勢いのよさ、疲れます~
最後の治療への偶然のプレゼント、ありがとう~

朝いちばんの患者だったから
照射もスムースに終わり

照射部分が最近は、美しく焼けたトーストのようで
今朝、照射のための台に横になるときには
「あー、これで最後。オーブントースターの中に入るのも…」
なんて思ってしまった。

照射が終わって、技師さんにお礼を言って
「いつものように、近いうちにという挨拶はしたくないので
さようならって言いますね」
「そう、近いうちにっていったらいけないよ」
さようなら~

それから
ポワーットドクターの診察は、なんだかなごやかに進んで
「予想通りに無事に終わりましたね。よかったですね。」
「はい。ありがとうございます。
感じのよい雰囲気の中で治療を受けさせてもらって、嬉しかったです。」

またおもむろに白い紙に
これからのホルモン治療の流れと
検査を受ける時期などについて
書きながら説明してくれた。

そして、
照射した部分がきれいに元に戻るように塗り薬と
いよいよ始まるホルモン治療のためのタモクシフェンの処方箋を書いてくれた。

「では、ドクターとまた会うのは一年後ですね。」
「そうですよ。お大事にね。治療がうまく進みますように。」

笑いながら、最後の診察が終わった。

あー、1年間はこのドクターのオーデコロンの香りをかがなくてもいいのだ~。
フランスってね、
ドクターや看護婦さんの中には、オーデコロンつけてる人がいるんですよ。

c0124619_19504550.jpg


タモクシフェンの副作用が強くありませんように。
と思いながらドクターに「副作用が強い場合には…」
服用を中止する場合もあるんですよねって聞く前に
「ひどくありません!!」と断言してくれた!

副作用に関しては、かかりつけのドクターに相談することになるわけだけど
ポワーットドクターは
「今から副作用のことを考えなさんな!」と
りんご姫の不安をかき消してくれたわけだ。

うーん、ポワーットしてるし、オーデコロンはくさいけど
まあ、いい先生なんだな~
とぼんやり思ったのであった。


今日は、黄色いTシャツを着ていった。
「ホットフラッシュ」かしらと思うくらい温かい朝で
半袖のこのTシャツに
丈が背中の半分までで長袖のコットンのカーディガン。
このカーディガンと同じ型で、薄手の白いのは
夏に腕を日光から守るのにも役に立ったし、
首に巻いてスカーフのようにも使えて重宝してるな。

それで、なぜ黄色いTシャツかって言うと
「マイヨ ジョーンヌ (黄色いTシャツ)」はね
自転車競技の「ツール・ド・フランス」の優勝者が切るTシャツなのだ。

勝者の印のTシャツ。
勝ち負けの問題じゃないけど
「よーやった!」の自分への掛け声!

c0124619_19514124.jpg


「よーやった!」よね~~~

よーやった、よーやった~

今頃になって
へなへなへな~って
力が抜けてきます~~~



「で、髪の毛はどう?どのくらい伸びた?くりくりでしょ?」
って聞いてくれる人が多いんだけど



c0124619_19485991.jpg



「何?誰か呼んだ?」


このときも食べることを考えてたりんご姫。
今、このときとまったく同じ髪型。

こんな短い髪の毛に
この、あのリボン、
どうやってつけてあるんだろう?



約2ヵ月後には、抗がん剤のポートを取る手術をするようにとのこと。
ポートを設置したドクターに取り除く手術をしてもらったほうがいいこと。
をポワーットドクターにはっきり言われたので
まだ南仏のがんセンターとのお付き合いも続きます。

その前に、カシュー嬢を迎えに行かねば。。。

生活のリズム、パターンが
少しずつ変わりますね。

また珍道中です。





ところで日本のみなさん、

台風18号の具合はどうかな?

日本のど真ん中を通るよう。。。

被害が出ませんように、こちから祈ってます。
by echalotes | 2009-10-07 21:31 | 我が家で静養