人気ブログランキング |

liberté,amitié,illimité


by echalotes
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

マレのマダムアジアの野菜

日曜日のサンボネ広場の市場には
ほぼ毎週行けるようになった。

時にはフラフラしながら、歩いて3分くらいの所なのに
「大丈夫かな…大丈夫かな…」なんて思いながら
産みたて卵とおいしいバゲットだけを買って
家に帰ってはほーっとしながら、「行けた!」って感激した。

今は、元気よくいろんなお店を覘きながらブラブラと歩けるようになった。

この間の日曜日は
マレの畑仲間、カンボジア出身のマダムアジアのお店で
ふた握りの極細インゲンと
今まで見たことのない小なすを買った。

これで3ユーロ。400円ちょっとかな。
少し高いかなーなんて思ってたら
「これ食べたかったら持っておいで」って
葉っぱものをくれた。

c0124619_21213052.jpg


小なすとおまけでくれた葉っぱ。
マダムアジアのお店にお昼頃まで置かれていたので葉っぱは少々疲れ気味。

この葉っぱは、こちらでbetteベット とか  bletteブレットと呼ばれている
たぶん日本でスイスチャードと呼んでいるものの一種かな。
全く同じものではないようだけど…
セロリと青梗菜を混ぜたような、繊維が一杯、少し苦味のあるおいしい野菜。

スープにしてもおいしいし、
クリーム煮やグラタンなどのレシピもあるけれど
葉っぱの部分は、必殺干し桜海老をちょっと加えて中華風に炒め
(どうして“必殺”かというと、干し桜海老はその香りだけで私をアジアに連れてってくれるから。
干ししいたけ等、乾物はアジアの香りかもしれないな。)
茎の部分は、どうしようかと茹でてみたら、もうそのままでもパクパクいけちゃう。

小なすは、「おうち日本月間中」のりんご姫としては
どうしてもお漬物として食べたくなった!

今年は畑ができないけれど
マダムアジアのお店のおかげで
季節の野菜が楽しめる。

少し前は、さやえんどうとグリンピースを味わった。
グリンピースがこんなにおいしいものだったとは、と改めておまめの味と出会ったのであった。

次回は、マダムアジアに登場してもらいましょう。
彼女はマレの大きな畑、3箇所を一人で耕している。
アジアの女は強いのだ!のお手本マダムでありました。

PS.フダンソウは「不断草」って書くんですって
写真を見ると、ちょっと違う気もするけど、きっとフダンソウの一種ですね。
あら、なんかサイトがうまく開かないみたい。ウィキペディアで見られるはずなんだけど…
by echalotes | 2009-08-12 20:29 | 我が家で静養