liberté,amitié,illimité


by echalotes
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

フランス病院観察日記2-手術

「おはようございます!準備はできていますか?
私が手術室までお送りします。」
と現れたお兄ちゃん。

前日と当日の朝に殺菌用の薬品でシャワーを浴びて
濃紺の手術のための紙製の後ろ開きの“ドレス”を着て
私はめがねもコンタクトもしていないので
どんなお兄ちゃんかよく見えないのよ。

このお兄ちゃんは
ほんとに病室から手術室手前まで私を運ぶのがお仕事。
実に分業がはっきりとしてるのよね。

紺の紙の手術用のドレスは、なんだかちょっとおしゃれ。
セーラー服みたいで「よく似合うわよ!」ってほめえくれるけど
魔法使いのキキの黒いドレスにも思える。
腕には生まれたての赤ちゃんみたいに
名札つきのグリーンのプラスティックのブレスレット。

べットが動き出すと
「なんだか台車に積まれた荷物みたい」と思いながら
流れていく白い廊下の天井が「おもしろい!」

横を通り過ぎていく
いや、私が通り過ぎていくんだけど
看護婦さんたちの笑い声が聞こえてくる。

大きなエレベーターで地下までおりて
さっきのお兄ちゃんとさよならしたら
今度はおばちゃん看護婦さんが
「大丈夫?これから麻酔室に行きますよ」

いっぱいダンボールが積まれていて
「なんだか、デパートの売り場の裏側みたい」

「ちょっとここで待っててね。麻酔室が今、いっぱいだから」
「はい。」
私は廊下で段ボールと壁の間で待たされる。

麻酔室は10人ほどの大部屋だ。
寝てる人もいれば、ちょっとうなってる人もいるし、「痛いよ」と看護婦さんに苦痛を訴えてる人もいる。
きょろきょろしちゃうよ。
「私はどうなるんだろう?」

「りんご姫さんですね。生年月日は?」
あ、本人確認だ。いやー、病人間違うちゃうといけないからね、そりゃ必要よね。

「どっちの胸を手術するの?」
「あ、左ですけど…」
カルテに書いてないの?看護婦さん同士でコミュニケーションとらないの?
それとも、私の意識状態の確認のために聞いてるのかな?

一本注射を打たれて、しばらくしてからいよいよ手術室だ!
「おー、MRIやCTスキャンの検査室に入ったときも、映画のシーンのようだって思ったけど
がらんとしてる手術室も映画のようね。手術台は幅が狭いな~」

「はい、血圧は測りますよ。」
「はい、左腕をこの台の上に乗せて」
いろんなところが縛り付けられていくなー。

「少し足を広げて!」
足は関係ないと思うんだけど、なんだか大きなアルミチューブみたいなのを足元からドレスの中に入れられる。
「寒くないように、あったかい空気を送りますからね」
まあ、なんていう心優しい気遣い。

「はい。麻酔をしていきますよ。」
「はーい。麻酔が始まったら1,2,3って数える前にもうわからなくなってるって聞いたけど
3までは数えられたな。ドクタールアネはまだ来ないのかな。カシューはどうしてるかな…走ってるかな…」

・・・

「大丈夫ですか?」
「はい。なんだかすっきりした気分です」
ドクタールアネの姿を見ることなく、手術は終わっていた。
ほんとにルアネ先生が手術してくれたのかな?
弟子が変わりに手術したんじゃないかな?疑問だー!

でも、なんとすっきりした気分だろう。
「眠った」という感覚じゃなくて「ワープした」感じ。
「最大限可能な限りの麻酔をしましたからね。」

体には左の脇に2本のドレーン、
右の上でに痛み止めなどの点滴がされている。

「りんご姫。病室に戻りまーす」
看護婦さんが天井のマイクに向かって叫ぶ。

「ただいま。アリス。」
「大丈夫?」
「大丈夫みたい」
「なんだか顔色がいいわよ」
「そう?確かに私、元気みたい」

夕方、6人ほどのインターンを連れて
ギトギトに光るほぼ七三わけの黒髪のドクタールアネが現れた。
「りんご姫さんは、左胸の摘出を受けたばかりです。」
インターンに説明してる。
それから私に向かって
「全摘に決めたのは大正解でした。
奥にたくさんがんが見つかったからね。」
ものすごいニコニコ顔である。
手術が大成功に終わった印だな。

こうして偉大なる外科医のルアネ先生とはたったの2回だけ会っただけであった。
まさしく分業の世界であるー。

c0124619_1721469.jpg


「よかったね、無事手術が終わって。
私もママの横にいたかったな。
だって、病院っておもしろそうなんだもの。
でも、私は手術台大嫌いなんだけどね!ワン!」
[PR]
by echalotes | 2009-04-07 05:10 | cancer du sein 治療