liberté,amitié,illimité


by echalotes
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

タグ:手仕事 ( 32 ) タグの人気記事


靄に包まれた朝、煙突からの煙は靄の中に消えていく。

c0124619_6203782.jpg


カシューサンタは25日に、すでにぐったり。

c0124619_6223812.jpg


靄の中の散歩は、とっても幻想的。

c0124619_742240.jpg


川の流れが速くて、水鳥のフルクは流されてるよ。

c0124619_75385.jpg


木々には、靄の露がたまって

c0124619_754174.jpg


時々、雨のように降ってくる。

c0124619_76981.jpg


今日はかなり寒い。

c0124619_772644.jpg



刺繍のニッセたちは、縁取りをしないととっても寒そうに見えたので

c0124619_781471.jpg


包帯のような太い赤い毛糸で縁取りをして

c0124619_7949.jpg


ちょうどティーバックの入る大きさのポシェットになった。

c0124619_7111251.jpg


取っ手にしたのは、コペンハーゲンで買った毛糸についていた赤い紐。

c0124619_7121250.jpg


この紐を使いたかったのだ。

c0124619_7124299.jpg


毛糸で囲まれたニッセたちは、あったかそうでしょ??
緑の森に遊びに行っても寒くなさそうね~。

クリスマスに活躍するユールニッセは、サンタクロースのお手伝いをするそう。
袋に小さなプレゼントを詰めて、また次のクリスマスに出てきてね。

それまでは、屋根裏に住んで、私たちにいっぱい幸せを運んできてね。


c0124619_7172992.jpg


ポプラの木の根元にも、妖精が住んでいそうよ。

ふわふわのおいしいもの
[PR]
by echalotes | 2011-12-26 23:50 | 日常の特別

c0124619_839368.jpg


雨の音で目が覚めた。

午前中の一時だけ、まるで、「かっちゃんお散歩に行っておいでよ」と雨が止んで

c0124619_8395975.jpg


また大西洋からのお客様のたくさんのかもめに会えたね。

c0124619_842944.jpg


「ここは、あたしが大好きな草のあるところ!」

例年より暖かいから、もしかしたらロウバイが咲いているかもしれないと覗き込んでみた。

c0124619_8433145.jpg


いつもなら1月半ばから2月の頃にかけて、
「おや、ロウバイが咲いている。いつ咲き始めたのかしら」となかなか開花に気がつかないけれど
この冬は、12月11日に発見したよ!

c0124619_845482.jpg


イチョウも芽が出てるのがよくわかる。

c0124619_8462426.jpg


ハンカチの木もね。

c0124619_8465529.jpg


ヒマラヤユキノシタも咲いていた。

c0124619_8473357.jpg


ほんの数日で公園の様子が変わる。

c0124619_8482170.jpg


季節は少しずつ進んでるんだね。


いたずらっ子のニッセたちの刺繍の裏側には
お手本を真似て、もみの木と

c0124619_8495174.jpg


デンマーク語のメリークリスマス、GOD JUL
そして、2011と入れた。

c0124619_851267.jpg


もみの木には、雪がそっと降ってきて、乗っている・・・つもり。

表には字を入れず、ニッセたちが雪に囲まれている・・・つもり。

c0124619_8533515.jpg


GOD JUL は、ゴジュールと発音するらしい。
コペンハーゲンで耳にしたデンマーク語は
「英語とドイツ語とフランス語が混ざったみたいに聞こえるなぁ」
と思ったことを思い出した。

あそこでは、サンタも人魚姫もデンマーク語でしゃべるわけだ!

c0124619_8554056.jpg


ここには、クマや羊やハリネズミも集まってきたよ。



陸前高田の一本松の下でも、皆既月食が見られたそうですね。
被災地をはじめ、日本のみなさんが、できるかぎり心穏やかにこの大変な年を終えることができますように
もちろん、フランスやその他の国のみなさんも、
そして、動物や自然も落ち着いてクリスマスの時季を過ごしてほしいと願いながら
雲を通してのほんの少しの太陽の光りの中で、飾り付けをした2011年の12月11日でありました。
[PR]
by echalotes | 2011-12-11 23:58 | 日常の特別


c0124619_341626.jpg


風が強くて、雨も降ってきて、空はグレー
でも、手元には明るい色の毛糸や刺繍糸。


c0124619_342155.jpg


Joyeux Noёl は、フランス語でメリークリスマス
God Jul は、デンマーク語でメリークリスマス

この左の刺繍は、昨年末、10年ぶりの再会を祝って
いちご姫ちゃんことsakikaさんが作ってくれたもので
それをお手本に、りんご姫も刺繍してみたが、右側のもの。

モチーフは、北欧に昔から住んでいる小さな妖精のニッセたち。
赤い帽子をかぶったニッセはいたずら好きで、
身の周りで何か不思議なことが起こると、どうやらニッセたちの仕業らしい。


さて、気まぐれりんご姫の
へそ曲がりのニッセたち
どんないたずらをしたのかな??

c0124619_343957.jpg


まずは、ニッセは赤い帽子って決まってるのに、青い帽子をかぶって
その代わりに赤い洋服を着てみたのだ。

そして、青い帽子の先っぽとか、洋服の一部が、図案とはちょこっとずれてるところがあり
それは、ちょこっと間違っただけなんだけど、それも、なんだかかわいいいたずらみたい。

c0124619_3442585.jpg

あー、ぼけない写真が撮れない~

それから、星はひとつで、あとは雪にしてしまった。

それからそれから、ハートは寒くて青くなっちゃってるけど
ハートの真ん中には、ろうそくのオレンジの火のように、あったかい赤い火がともってる。

ニッセたち、いろんないたずらをしたね~^^


赤い洋服は、DMCの347番の糸で、写真だと朱に近い赤に見えるけど、
実際はほんとの赤、
刺し方がでこぼこしてるところができちゃって
なんだか、手編みのコートみたい。

青い帽子は、DMCの519番の糸で、きれいな水色、
DMCの糸は、とてもつやつやしている。

パールのような顔の肌色と、少しずつ色の違う髪の毛の茶は
DMCの105番で、肌色から濃い茶色までのグラデーションの糸。

その他の糸は、OLYMPUS オリムパスのものとAnchor アンカーのもの。

刺繍は、編み物よりも、物語がたくさん盛り込めるね。
雪のコペンハーゲンを歩いたときのことを思い出して、
刺繍しながらニヤニヤしてしまったよ。

これから、このニッセたちの世界、またどんなふうに変化するかな?!


先日、街へ行ったときに「あ、ニッセ?」と思わせる
かわいい子どもたちが、お母さんと手をつないで歩いていた。
「かわいい~」と思う気持ちは抑えられないね~♪


c0124619_2192583.jpg




「かあさ~ん、あたしにはなにかないの???」

c0124619_3455058.jpg


あわてない、あわてない!!

太陽色のシュシュ、もうひとつできました!モデルより
[PR]
by echalotes | 2011-12-07 23:58 | 日常の特別

昨日は一日中の雨、今日は雨と風

c0124619_736113.jpg


寒さは厳しくないけれど、どんよりの空が続く。

c0124619_7364112.jpg


まだちょっと残ってる色づいた葉が「ちょっとは陽気になってみたら?」って声をかけてくれてるよう。


菩提樹の刺繍を進めるのに
どーしても手元にある糸だけでは無理があるので
フランスで初めて!DMCの刺繍糸を買った。

c0124619_737370.jpg


この微妙な色の違い!
絵の具でこういう色が出せたら絵も描きたいと思うけど
こんな素敵な色の糸があるのだから
糸で絵を描く!っていうのもいいな・・・

と、またアイデアがどんどんと横道に逸れていく。

赤系の347番で少し始めたステッチは、何になるかな???^^
刺繍し始めると、糸に艶があるのがとてもよくわかる。
そして、糸だけで見ているときとは、また色の感じが変わってくるのもわかる。

刺繍という手仕事に興味が湧いたと言えるかもしれないけれど
それより
色遊びが好きっていう方が先かもしれないなぁ。

これは・・・

c0124619_7372535.jpg


「背中撫でて~」のかっちゃんの背中であ~る。
毛がふさふさしてきて
なんだか羊を思い浮かべてしまう。
なんだか、いつか羊の牧場で生活してるような夢を見てしまう。
そこで糸を紡いで、染めて、編んで・・・

ほらほら、こらこら
アイデアや夢の横道は、あんまり逸れると・・・

でも、楽しいね♪

c0124619_7374260.jpg


「はい!どんよりグレーの空の下では、楽しく過ごす作戦はいっぱい持ってたほうがいいです!
でも、あたしのこと撫でるのも忘れないでね~!!!」
[PR]
by echalotes | 2011-12-04 23:34 | 日常の特別

明け方に雨が降った道におはよう

c0124619_7395176.jpg



カシューの散歩公園では、黄色い菩提樹の葉はまだわさわさ

c0124619_7403618.jpg


モミジバフウの最後の赤い葉は落ちて

c0124619_7422063.jpg


ポプラの木には、虫こぶは枯葉にくっついてるだけ

c0124619_7433958.jpg


マロニエの葉は、すっかり落ちた

c0124619_7442329.jpg


落ちてる菩提樹の葉を見ると

c0124619_7445650.jpg


周りのぎざぎざと左右がきちんと対照になっていないところがよくって

c0124619_7461596.jpg


拾ってきた!

この実も、なんて不思議なつき方をしてるんだろう。

それで「面白いな、不思議だな・・・」って思いながら、菩提樹の実を刺繍することにした!


c0124619_747998.jpg



菩提樹は、フランス語でtilleul ティュール
文字は黄色で楽しく!

でも、この黄色、昨秋、日本で見た美しいイチョウの葉の黄葉を思い出させるな。^^


これから刺繍がどんなふうになるのか
りんご姫もまだ知らない!
MARIE CLAIRE IDEESの雑誌の中で見つけた図案をちょっとアレンジしながら
どうなることでしょう???

と、思いながらちょっと編んでみたシュシュをカシューにつけてみたけど

c0124619_752109.jpg


モデルさん、シュシュはお気に召さないらしい。
やっぱり、お気に入りは、ぼさぼさの髪型ね。

あたしのほかに寝てるのは・・・
[PR]
by echalotes | 2011-11-26 23:56 | 日常の特別

朝からずっと白い空

c0124619_6225589.jpg


午後のカシューとの散歩は

c0124619_6235784.jpg


こんな冬靄の中

c0124619_6242649.jpg


川さえ見えない

c0124619_625382.jpg


木の上のヤドリギだって見えない!



そんなヤドリギを見上げながら冬枯れの景色の中を散歩していたのは、今年の2月。
その頃、ヤドリギの刺繍をしていたこと・・・
また冬がやってきたら
思い出して・・・
やっと形になりました。





c0124619_6334012.jpg




手元にあったちょっとかわいすぎる気もする生地を裏と取っ手にして
中にはマレの香りバラのポプリを入れて


c0124619_782424.jpg


自分で作ったポプリが
サシェから香ってくると、とっても幸せな気分になるものです。



サシェのお手本にしたのは、南仏の友、マリーがずっと前にくれた
AMITIE アミティエ 友情 と白い糸で刺繍されたもので
これには、ラベンダーのポプリがいっぱい詰まっている。

c0124619_6395991.jpg



こうやって形になると
また刺繍をしたくなるね。

c0124619_6404249.jpg



同じモチーフで違う色の糸で刺繍してもいいし・・・
古い雑誌などを見ていると、
これもいいなと思うものがどんどん見つかって・・・
アイデアも雑誌も
部屋いっぱいに広がっていく・・・

そんな冬の夜なのである。
[PR]
by echalotes | 2011-11-25 23:20 | 日常の特別

コペンハーゲンの毛糸で


今年初めに訪れた冬のコペンハーゲンの町は、寒かった。

どんなに寒かったかって

********


c0124619_639222.jpg


人魚姫の周りの運河は白く凍っていた。

c0124619_6431319.jpg


フランスより北にあるデンマークの冬は、日もとても早く沈んでしまうけど
その暗い夕方の中で、お店の明かりはぽっと優しくて
特に毛糸屋さんの明かりは、暖かく感じられた。

c0124619_6434320.jpg


そこでちょっとだけ買った毛糸で、少し編んでいたものが出来上がった!

c0124619_644714.jpg


********




c0124619_634999.jpg


どうしても首周りのものが編みたくなるのはどうしてだろうね。

c0124619_6363889.jpg


ほんの少しだけとっておいたデンマークの2クローネのコインをちょっとつけてみた。

c0124619_6365815.jpg


王冠とハートのマークの入っているコインは、かわいい。


久しぶりにモデルさ~ん、どうぞ!

c0124619_652395.jpg


マフラーでもいいけれど、これは帽子にした方が、楽しい雰囲気になりそう!


********


c0124619_6385131.jpg


コペンハーゲンの町、今はもうかなり寒くなってるかな。
人魚姫は、また凍った運河を見つめる時季になるのね。
あの毛糸屋さんで、またいつかゆっくり時間を過ごせる日がきたらいいな。
[PR]
by echalotes | 2011-11-14 01:30 | 日常の特別

c0124619_2214472.jpg


ヤドリギの周りに縁取りを加えた。

ほんのちょっとの変化。


c0124619_22142361.jpg


いろんなこと、ちょっとずつ、前進、復興、復活・・・

c0124619_22144323.jpg


花は祈るように空に向かって咲くんだね。
[PR]
by echalotes | 2011-03-25 22:16 | 日常の特別

ちょっと・・・青空


カシューと背中合わせで
ベットで
横になることが多くなって

あらら~ おらら~

あっという間に1週間が経ってしまった…




今日はちょっと青空。


c0124619_415637.jpg



c0124619_4154219.jpg



c0124619_416156.jpg




ほんのちょっと進んだことは・・・


c0124619_4164449.jpg



何になるかな~


食欲はまだ前進しないけど
それでも、これでも、
ちょっとは前へ進んだかな~の2月であった。

これからは青空の多くなる季節だね~
[PR]
by echalotes | 2011-02-28 23:47 | 日常の特別

刺繍の話 Broderie


c0124619_7592761.jpg


このクロスステッチ Point de croix の刺繍は、
母が1979年に仕上げたもので
15年ほど前には
日本の実家の壁にかかっていて
当時のその我が家に遊びに来てくれたYYちゃんは
この刺繍のことを心に留めていてくれて
そのことがYYちゃんと会う度に
いつもといっていいくらい話題に上り
それはりんご姫にとってとても嬉しいことであった。


そして、今
YYちゃんは、日本よりいろいろ遠隔指導をしてくれる
りんご姫の刺繍のお師匠さんとなった!




YY先生の丁寧な作品を手元にお手本として置いて

c0124619_831043.jpg

この針山は刺繍用になりましたよ~

母が使っていた図案集が教科書になり

c0124619_7594988.jpg

なんとも古めかしいDMCの広告だな~

手元にある古い刺繍糸を使うことにして

c0124619_802680.jpg


まず選んだ模様 motif は

c0124619_759616.jpg


ギ GUI Viscum album ヤドリギ。


マレを散歩しているとこの時期たくさん目にするヤドリギ

marie claire idées マリークレールイデの雑誌のあちこちで
何年も前から目にしていた刺繍の図案になっているヤドリギ

ヤドリギはクリスマスの飾りによく使われるけど
冬枯れの景色の中で見るヤドリギの緑色は
暖かさも感じさせてくれるし
なんだかかわいらしいくて、大事にしたくなる気持ちになる

それで、小さなヤドリギの束の図案 diagramme を選んだ。

参考 marie claire idées N°51 décembre 2003  pp 140-141

しかし、実際の説明で指示されている糸の色や、生地の色や大きさや目の数・・・
全て、手元にあるもので作っていこうとしたために
全て、勝手なアレンジになっているので、あしからず!


では・・・

YYちゃん先生への報告も兼ねて!
小さいヤドリギの束ができていくまでの過程を見てくださいまし。
ほんとはね、この過程を紹介するのが楽しみで刺繍をしたかったのかもしれない~


まずは、ヤドリギを束ねているリボンの部分から

c0124619_8303438.jpg


それから3色の緑色を使った葉っぱが増えて

c0124619_8314693.jpg


全ての葉っぱが揃って

c0124619_8322593.jpg


バックステッチ point arrière も加わった小さい実がひとつ

c0124619_831611.jpg


そして、一気に実が増えて

c0124619_8334615.jpg


ヤドリギの小さい束のできあがり。ちょっとすずらんを思わせるような感じだな・・・

それから

この束の下に
何かメッセージをと考えて

A TOI  ア トワ あなたに

と入れることにして
2月の誕生石のアメジストの色
紫の色の糸を選んだ

c0124619_7104866.jpg


のは、

2月の6日は、母の誕生日、そして
今日12日は、YYちゃんのお誕生日だからなのだ。


二人の手仕事をしている姿を思い浮かべながら
ヤドリギの刺繍を毎晩少しずつ進めた1週間であった・・・


A TOI 
YYちゃんへ 
お誕生日おめでとう。刺繍の楽しさを教えてくれてありがとう。
日本からのご指導、よろしくお願いします!

A TOI
母へ   
遅くなったけど、お誕生日おめでとう。なんだか、おんなじように手仕事をしてますよ。
天上からの応援、よろしくお願いしますよ!

そして

A TOI
この記事を読んでくださってるあなたへ

 「春がいい風を運んできますように・・・」


A TOI には・・・
Merci à toi.
Je pense à toi.
のA TOIの意味も含めてるのであった~。


刺繍は編み物と同じように無心になれるけど
その楽しみはちょっと編み物とはまた違う。
模様がだんだん浮き上がっていくような
塗り絵のような、
そんなワクワク感、
そんな楽しみかな。

このヤドリギが、何に姿を変えるのか・・・お楽しみに。

さて、次の模様は・・・
予定は未定。
ということは、でも予定はあるってこと?!


P.S
閉店になるかもしれないといっていた
パリの刺繍のお店 Des fils et une aiguille
後継者が見つかったそうです。
あの小さいお店はこれからも
あそこで私たちを待っててくれるのでした!
よかったね~。
[PR]
by echalotes | 2011-02-12 23:29 | 日常の特別