liberté,amitié,illimité


by echalotes
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

c0124619_714366.jpg


母が若いころに作ったこのワンピースは
私も気に入っていて
学生時代の夏に着たものだった。

c0124619_7239.jpg


それからしばらく忘れていたけれど
またこのワンピースが着たくなったのよ。

この形は50年代、60年代くらいの流行も感じられると言えるのかな。

チャックは背中に付いているのではなく
脇の一部についている。
とってもおしゃれなチャックのつけ方だなと感心した覚えがある。

それで
この大好きな形のワンピースを
自分でも違う布で作ってみたい
と毎日、このワンピースを見ながら
その思いが強くなって

さて、なんの布で縫おうかしら

手元の布をいろいろ見ていたのだけれど

母の着物をワンピースに作り直すのもいいのではないかと


桐のたんすから引っ張り出してみたときには
紫に見えていた生地があって
それは、シックなワンピースになって夏の終わり、秋の初めにいいのではないかな

ところが
明るいところで見たら
それは
小豆色で

c0124619_2424328.jpg


ますます気に入った。

この着物を着ている母の姿は記憶にないので
私が生まれる前に着ていたのだろうか。


袖の裏地が赤だということに気が付いたときには
どきっとしました。


c0124619_2441064.jpg



袂から赤い布が覗く

日本のおしゃれはすごい。

母の着物に鋏を入れるのはちょっと勇気がいるけれど
着ないでたんすに眠らせておくよりも
外の空気を吸わせてあげたいものね。

ワンピースにするなら、
袖なしがいいかな。

余った布で小さな袋も作りましょう。


c0124619_247042.jpg



着物に詳しい方、着物の仕立て直しをしたことがある方、
ぜひご意見をくださいませ。
[PR]
by echalotes | 2010-07-27 23:30 | 日常の特別

古い切手と不思議なこと


古い写真と一緒にとってある古い一枚の絵葉書。

切手は2銭!

c0124619_4543345.jpg


昭和初期。

字が書けるようになってきた頃の母が
いとこのところへ遊びに行き、
そこから別のいとこに宛てて出した葉書。

宛名はずっと年上のいとこが書いたらしい。

c0124619_4555434.jpg


文面は、カタカナ!

c0124619_4562431.jpg


京都嵐山千鳥ガ淵の絵。
誰か、そこへ行ったのか・・・
誰が、この葉書を買ったのか・・・




この葉書を書いた母が生まれた町、

その町へいつか行こうと考えている。




ここからは遠い。




少し先になるかな

行けるのかな

と思っていたら




「昨年の11月、旅行に行った時に買いました」




とその町で買ったものを学生時代の友人が送ってきてくれた。



その町の方からこちらへ挨拶をしに来てくれた気がした。



c0124619_452282.jpg



一昨日手にしていた母が作った小さなエプロンとほぼ同じ色の布。

町、色、布・・・

その友達に、私の母がその町で生まれたことを話したことがあったかしら。

ないな、たぶん。



こちらの受け止め方の問題だけれど

怖いくらい

不思議なこういうことが

以前よりもたくさんおこるようになってきた。



そう、ここ、フランス中央の大きな森のある

この地方は魔法使いの国。


りんご姫の人生魔法修行もそろそろものになってきたのか。


じゃあ、いつ、魔法でその町へ飛んで行けるのか。






その町とは






















なぜか



















上海








いや、こちらの方がギタリスト高中さんの音がよく聞こえてよろし。音はあまりよくないけれど
[PR]
by echalotes | 2010-01-23 04:59 | 我が家で静養

ネルネル和歌山

c0124619_4392510.jpg



ネル、ネル

フランネルの生地

和歌山産

とは知らなかった

ネルのパジャマで寝る

昔があった

このチケットははがさずに

このフランネルで

ズタ袋

何でも入れられる

年中ネルサンタ袋

が できあがった

チョコレート色のハリネズミ帽子とモデルさん
[PR]
by echalotes | 2010-01-17 10:41 | 我が家で静養