liberté,amitié,illimité


by echalotes
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

タグ:ことば ( 18 ) タグの人気記事

Tillykke med fødselsdagen!


Tillykke med fødselsdagen!

デンマーク語でお誕生日おめでとう。

コペンハーゲンでアンデルセンが教えてくれた。


いつのまにか、りんご姫の愚痴を聞いてくれるようになって
揺るがない大木のようにそれを受け止めてくれて
丁寧に答えてくれて

いつのまにか、ツーカー(いろんな言い方があるわね)の仲になった

大事な友だちの、今日は、お誕生日。



c0124619_2103284.jpg



「 Mon héros

♪Happy Birthday♪

次は日本語で

♪お誕生日おめでとう♪

そしてフランス語で

♪Bon Anniversaire♪


これからいっぱい花が咲く!


これからいっぱい願いが叶う!!


これからどんどん素敵な人生!!!


もうすぐ満月!!!!


水玉模様のワンピースが着たい!!!!!今日この頃のりんご姫より 」
[PR]
by echalotes | 2011-04-16 04:30

姫りんごの緑の葉っぱもたくさん顔を出し

c0124619_239844.jpg



若葉の美しい季節に移動し始めている。


c0124619_2384698.jpg



いつものカシューとのお散歩


c0124619_2393623.jpg



プラタナスと青い空


c0124619_2395948.jpg



新井満さんの雲の上の青い空という詩を知った。


c0124619_2413297.jpg



青い空は力強いね。


c0124619_242910.jpg



詩や俳句のことば

メールやブログ、手紙のことば

おしゃべりのことば・・・

いろんなことばに助けられる。


c0124619_24581.jpg



いろんな色のツツジが咲き始めたけれど


c0124619_326469.jpg



フジはもう満開だ。


c0124619_2464132.jpg



ツツジとベンチとゴミ箱と


c0124619_2471063.jpg



白い石楠花は、華やかさと清楚さと


c0124619_248733.jpg


すいかずらの葉はすがすがしく


花や葉や茎で編み編みをしたくなる~
[PR]
by echalotes | 2011-04-14 23:04 | 日常の特別

★お知らせ★

NHKの「テレビでフランス語」のスケッチで
ブルジュの町が出てきますよ。

NHK語学番組 テレビでフランス語

昨年秋、撮影隊が我が町に来ていたのです。 

みなさんもこの機会に
ちょっとフランス語に挑戦!というのはどうかしら???


りんご姫もにわか撮影隊になって
パイプオルガンの響くカテドラルを撮影してみました。

ぶれぶれですが、みなさんもカテドラルの中の
ひやっとした空気に触れてみてくださいね。


[PR]
by echalotes | 2011-04-07 22:28 | 日常の特別

「かっちゃん、久しぶり~!!」

c0124619_5135342.jpg


「母さ~ん、久しぶり!!」

相変わらず食欲が戻らず
力が出なくてへろへろしてる(Je suis patraque!Sachan、この言葉の存在を教えてくれてありがとう。)
りんご姫には
元気モリモリのかっちゃんを一日に何回も散歩に連れて行くのが
とっても億劫なときがあって
頑張ればできないこともないけれど
頑張りすぎると
自分にとっても周りにとっても
後が怖いので
かっちゃんは、ただいまフィフィ兄とナデット姉のところで
ホームスティ中だ。

体が疲れてるとき、心が疲れているとき
SOSを出すことがとっても大事。
ツバメの王子の病気、最期、
自分の病気、その他諸々の出来事の中で
だんだんとわかってきたことだ。

疲れすぎたり、無我夢中だと
自分が疲れてることさえわからない。
悲しみが大きすぎると
自分が悲しいのかどうかもわからない。

日本のみんなの涙、
ニュースの映像でこんなにたくさんの日本人が泣いている姿を今まで見たことがないと思う。
大人も子どもも、女性も男性も。
特に日本の男の人たちのたくさんの涙、
こんなに見たことないのではないかな。

みんなの肩épauleに重い荷物がのっかてしまった。
みんなそれぞれの場所、立場で頑張ってる。

がんばっている日本のみんなが疲れきってしまわないか
突然倒れてしまわないか
でも「がんばるしかない」といいながら頑張るしかないかもしれないけど
遠くにいるからこそ
心配だ。



c0124619_5161169.jpg


「 カシューです。
あたしは、フィフィやナデットにおやつをもらったり
お散歩にたくさん連れてってもらったり
とっても元気にしています。

でも、今日は母さんに会って
日本のみんなのことが心配で日本のある東の方向を見ています。

あたしは、とっても元気だから
みんなの肩の荷物をちょっと分けてね。

疲れたときに「疲れたよ~」ってあたしに言ってくれるだけで
ちょっと荷分けができると思うの。

あたしは、肩が重くなったら、走り回ったり、泳いだりしながら
マレの島や川に肩の荷を降ろせるからね。


あたしはいつも
みんなの横にいるからね。   」



りんご姫からは、肩を貸してくれるあなたに、心からありがとう!

Je remercie à tous mes amis, à vous qui m'épaulez à votre manière!


食欲回復作戦の一環で
「いったいお腹の中はどうなってるのかい?」
と調べるために月末にCTを受けることになったのだ。

ちょっと不安、
それよりも検査や結果を待つということが
もうやんなっちゃうのね・・・
何度こうやって待ってきたことか・・・
これから何回これを繰り返すのか・・・
気が遠くなりそう~

しかし

日本では気が遠くなりそうな
どのくらいの時間がかかるかわからない
さまざまな作業に
たくさんの人が懸命に取り組んでるのだよ。

先のことを考えて
どうしたらいいかわからずに
気が遠くなりそうになってる人たちが
たくさんいるのだよ。



あー、

いろいろなところで、いろんなやり方で
お互いに肩を貸しあうことs'épauler

実際に、あるいは離れていても心を寄せて
一緒に歩いていくこと

それが
それぞれの重い荷物少しずつ軽くして
日本という国をなんとか光の方へ

そして
それぞれが前へ進もうとする力を得る
ひとつの小さな方法かもしれないね。
[PR]
by echalotes | 2011-03-19 23:19 | ailleurs かの地 日本

色紙に咲く花


c0124619_733917.jpg


子どものころ
児童文学作家の坪田譲治さんに
書いてもらった。

父と並んで正座をして
静かに
書きあがるのを待っていた
そんな光景を微かに覚えている。


子どもは咲く花

大人も親にとってはずっと子ども
だから
大人も咲く花!
みんな咲く花!


c0124619_741128.jpg



こんなお人形もいたいた!!

c0124619_75370.jpg

[PR]
by echalotes | 2011-03-01 23:50 | 日常の特別

寄りかかる 


疲れて横になるとき

思い出を
遠くから 近くから
手繰り寄せては
またもとに戻して

そうやって思い出に寄りかかったり

会いたい人や、いきたいところがたくさんあって
それは、島だったり海辺だったり
山だったり山の麓だったり
熱気が感じられるところだったり
空気がキリッとしてるところだったり
穏やかな風が吹いているところだったり

そうやって願いに寄りかかったり

でも
隣に小さな肩があれば
そこに寄りかかって
ほかのものは全部遠くに
飾って眺めて

そうやってきたのだろうし
そうやっていくのだろうな



誰かさんに影響されてちょっと詩人になってみる・・・の巻き



c0124619_4132426.jpg


「月はくろぐろとした松林の上で大きく銀色にかがやき、廃墟の古い石段をあやしく光らせていました。
モモとジジはしずかにならんで、長いあいだじっと月を見つめました。
こうして月を見ているかぎり、ふたりは永遠に死ぬことはないと、つよく感じていたのです。」
                                  ミヒャエル・エンデ作 大島かおり訳 『モモ』より


 
[PR]
by echalotes | 2011-02-21 21:55 | 日常の特別

朝、窓を開けると

c0124619_316527.jpg


お向かいの屋根が霜で白くなっていて
煙突からは煙が出ていた。

秋の匂いから冬の匂いへ変わっていくな。

昼間は、穏やかな光に

c0124619_3173461.jpg


なんだか

c0124619_3175658.jpg


すべてが

c0124619_318211.jpg


きらきらしてる。

c0124619_3184868.jpg


夜には、14番目のお月様が

c0124619_319825.jpg


窓から挨拶をしてくれた。

どうしても白玉が頭の中に浮かぶのは・・・しょがないか。
お月様も耳たぶくらいの柔らかさかもしれないね。


ストライキでガソリンが手に入りにくくなっているというのに・・・
南仏からこの週末、おちゃらけ家族の面々がやってくるらしい。
もうすぐツバメの王子の誕生だし、
以前、南仏の町でハロウィンで仮装してみんなで騒いだのもこの季節、
そんなことも
みんなの心の中で動いてるのかもしれない。

それより
明日、満月になる月にただ興奮気味になってるだけかもしれないね。

前後しますが・・・後で13の月の写真も載せます~



ところで

秋は旅の似合う季節。



アズナヴールの歌の中でも

大好きな曲のひとつに入る・・・

日本語に訳されて「思い出をみつめて」となっているが・・・

これはイケてない訳である!!!!!

かといって、どんな訳がいいかといわれれば・・・

これは〝おちゃらけ家族〟のテーマ曲にもなりそうだからな

りんご姫風に「おちゃらけ仲間」とでも訳したいところ。

友達、恋人、厄介な仲間たち・・・
いろんな思い出を共有できた、共有できる
そういう仲間を大事にしたいものだと思わせてくれる

MES EMMERDES メ ザンメルドゥ の世界へ

EMMERDER がどんなことか、実体験でご存知の方は、そのうんざりかげんとか
厄介さかげんが、おわかりいただけることでしょう・・・


さあ、行こう!On y va!オ ニ ヴァ!



お相手は、いつもの
あなたの湯たんぽ・・・
だけど
のどが痛くて、今日は湯たんぽになりきれないかもしれない
おちゃらけりんご姫



「母さん、最近パソコンの前にばかりいて、あたし、つまんなーい」
と騒いで
母さんにとって Emmerdeuse アンメルドゥーズ うるさいやつ
になってる
あなたの腹巻
でも、最近は毛が伸びてモップみたいになってきちゃったわ
だから
あなたのモップ腹巻の
おちゃらけカシューでした。
[PR]
by echalotes | 2010-10-21 23:14 | 日常の特別

c0124619_350051.jpg


久しぶりにパンを焼いた!

まさしく田舎のパン pain rustique って感じでしょ?!

パン用の小麦粉とライ麦粉を半々、
それにシリアルも混ぜて、
おいしくできた。


ドライトマト tomate séchée を作ったのは
もう、だいぶ前のことになった。

マレの畑でとれた
たくさんの大き目のチェリートマトを半分に切って
オーブンで乾燥させて
オリーブオイルに漬けた
その味は、
夏の味をぎゅーっと詰め込んだ感じだ。


ナスのキャビア caviar d'aubergine も作ろうと思って
黒オリーブとにんにくをつぶして
オーブンで焼いたナスの皮をむいて加えてさらにつぶして、
オリーブオイルを加える・・・

前に

味見をしたら、
すでにおいしくて、
キャビアにする前におかずになってしまったよ。


c0124619_310444.jpg


なんで、トマトを瓶から出す前に写真を撮ったの~?
曇り空のせいで、頭がボケボケ・・・だったのよ~。
あとで、ちゃんとドライトマトの顔写真を撮って
こっそり加えておくことにするからねぇ。


c0124619_2522660.jpg


はい、これがドライトマトの顔写真ね!ぼけてるけど…


ナスのキャビアは
お店でも瓶詰めや缶詰めで売ってるけれど
ちょっと焼いたパンや生野菜、ゆで卵に乗せて食べると
とってもおいしい。

このレシピもいつか、紹介することにしましょう。



ところで

今日はりんご姫の父、かんちゃん
(かっちゃんじゃなくて、かんちゃんね。あ、でも戌年だし、かっちゃんに似てるかな?!)
の、生きていたら88歳のお誕生日だ。

このおめでたい数字に、
ちょっと天上へのプレゼントを見つけたので
ここからは
ふたり言。


「いいプレゼントを思いついたよ~。

いつかは、お父さんの俳句を訳したいと思ってるんだけど
固有名詞が出てきたりすると、とっても難しいし、
俳句を訳すのは、もともと無理があるんだけど、
お誕生日だから、初めて挑戦することにした。


思ふとは祈る事かな秋の蝉


Songer c'est prier
avec des chants des cigales
en automne



どうかなぁ?

ちょっとぉ~
音節Syllabe的にも五七五にほぼなってない???


気に入った? Ca te plaît? サ トゥ プレ?

お誕生日おめでとう!」



ところで

秋は旅の似合う季節。




日本や他の国の花や草、樹に関しては、りんご姫にとっては植物図鑑でもあり
鳥や虫、特に美しい蝶をたくさん紹介してくださっている

野や山や町の自然に出会えるtamayamさんのところへ

さあ、行こう!On y va!オ ニ ヴァ!
[PR]
by echalotes | 2010-10-05 23:47 | 日常の特別

c0124619_1724325.jpg


「こんにちは。あたしのお母さんは、りんご姫なの!」

Coucou!C'est moi! ククー!セ モワ! はぁ~い!あたしよ!
と現れたふにゃふにゃクマ。

もうだいぶ前になっちゃったわね~。
日本の大事な友達が
「りんご姫が作ってくれたクマちゃん、今もここにいるのよ。」
とこの写真を送ってきてくれた。

ずっと大事にしてくれていたんだな。とっても嬉しかった。

そして、

この写真を見てすぐ思ったことは
「このクマの顔は、カシューに似てる!」

そしてそして、

一瞬にして、これを作ったときの自分を思い出した。

ふにゃふにゃクマのキットを
新宿伊勢丹の手芸コーナーで買って
友達のその頃はまだ小さかった娘ちゃんを思ってつくったことは覚えていたけれど
どんな生地で
どんなお顔のクマを作ったかはすっかり忘れていた。

もう14年くらい前よね~。

これは、私の手仕事のひとつの原点かもしれないな~。

縫い目がしっかり見えちゃって、
頭が少々大きすぎ。

でも、かわいかった娘ちゃんに作ってあげたかった。

今、その娘ちゃんは大きくなって高校生!

ずっとそばに置いておいてくれたクマちゃんは
娘ちゃんの成長をずっと見ていたんだな。

りんご姫が遠いところで、はちゃめちゃな人生を送っている間も
このクマは静かに、そこに座ってたんだな。

うーん、手仕事っていいな。

こうして作ったものが、作った人の代わりに、そこに存在していてくれる。


ツバメの王子が亡くなってから、そして、自分自身が病気になってから
(もう治ったってことにしてるけど!)
不思議な出会いや再会がいっぱいあって、クラクラしてるりんご姫だが、
このクマとの再会は
これを作った頃の自分との再会だった。

このクマは
今は、Chou シュー ちゃんって名前がついた。

Chou シュー は、野菜のキャベツ。

Mon petit chou モン プチ シュー と呼びかければ
そのままの意味は“私の小さいキャベツ”ってことになるけど
愛情を込めた呼びかけになる。
これは日本語にしちゃうのは・・・もったいないな~。
「かわいい人」なんて、平凡な言い方になっちゃう。

Chouchou シュシュ になると、“お気に入り”の意味、

それと、カシューのシューもちょっとひっかけて・・・

Chou シューちゃん。


寒い夜は、キャベツをたっぷりのスープもいいね。

c0124619_310711.jpg


冷凍庫には畑で採れたキャベツがいっぱい入ってる!


いちご姫ちゃん、シューちゃんをずっと大事にしててくれてありがとう。
いちごみるく姫ちゃんは、私のMon petit chou



ところで、

秋は旅が似合う季節。




手仕事の世界へ旅をしたい人は、

いちご姫ちゃんのところへ

さぁ、行こう!On y va!オ ニ ヴァ!

[PR]
by echalotes | 2010-09-27 23:01 | 日常の特別

c0124619_2183915.jpg


サンボネのレ・アールの横を通って

カシューの散歩公園に入り込んで


c0124619_2192187.jpg


「なるほど、この公園は大きいな」とつぶやきながら

c0124619_2194328.jpg


この門から公園を出て

c0124619_2110331.jpg


ほら、新聞社の看板だ。

c0124619_21102311.jpg



建物の入り口をはじめ、全てのドアが
まず呼び鈴のようなボタンを押してからドアが開き
入るようになっている。

それで勢い込んで入っていったら!
そこは1階に入っている〝簡易裁判所〟だった!

ちょっと鼻息が荒すぎました。
いや、もうちょっとわかりやすく表示、看板をつけておいてほしいわよね。

「すいません。間違いました。よい一日を!」と言って
もう一度外へ出て、仕切りなおして
建物に入り、2階へ上がる。

受付のお姉さんに
「この日の新聞の写真に載ったものですが・・・」と
ちゃんと名乗って話を始めた。

実は、新聞に載っているいろんな写真を新聞社のサイトで売っていることを発見して・・・
「おや、写ってる本人に連絡なしでこういうことがあっていいのか?
肖像権なんていうものはどうなってるんじゃ?」と
うっすら思って、そのことを聞いてみたかったのだ。

お返事は
「成人であり、風景、一場面として撮ってるわけで・・・」
もともと突っ込んで質問をするつもりはなかったので
「シンプルな質問として聞いてみただけなんですが・・・」

とは言ったものの
きっと顔に「本当は突っ込んで聞きたい」と書いてあったに違いない。

それで
「一応、写真家の連絡先をお教えします。」とメモをくれた。

我が町、社会科見学のワンシーンである~。


c0124619_2110414.jpg


帰り道、
プラタナスの枯葉が一枚、目の前に落ちてきたので
手のひらを出したら
その上にそっとその葉は落ち着いた。

そして、昨日拾ったどんぐりが
その葉の上に落ち着いた。

c0124619_21111795.jpg


さあ、普段、ほぼ音信普通になっている祖国の実の家族にも
「元気だよ~」の証拠に
この新聞を送らなくちゃ。
[PR]
by echalotes | 2010-09-14 21:11 | 日常の特別