liberté,amitié,illimité


by echalotes
カレンダー

<   2009年 09月 ( 32 )   > この月の画像一覧

今週は「魚の週だ!」と決めていたのに
洋ナシとちょこっとイチジク、ちょこっと胡桃が我が家にやってきたために
計画変更である!


c0124619_2247122.jpg



豚肉のソテーに
イチジクか、洋ナシのソースを添えようと思ったんだけど
欲張って
両方乗っけた。
そしたら、お肉が隠れちゃった!
バルサミコ味なので、ご飯とも合う、合う!


くるみもあるから
アンディーヴと洋ナシと
そしてロックフォールチーズのサラダにするしかな~い!
グルノーブル産じゃないけど、フレッシュくるみよ~。

c0124619_6112744.jpg


バルサミコソースが余っていたので
インゲンとトマトとエシャロットも
それで和えて…

もうこの2種類のサラダとパンで大ご馳走!


そして、
洋ナシのお菓子も、朝食やおやつのために作っちゃおう!

シリコンのマフィン型を初めて使ってみた。

c0124619_22534423.jpg


これは、「 9月のマレケーキ 」と名付けますかね。。。

c0124619_2254233.jpg


アーモンドとほんの少しバニラの香り。
なんだか、おいしいよぅ。



あー、おいしい9月だった。

放射線治療とずっと一緒の9月だったけど
楽しい毎日だったなぁ。

今までにもおいしいものは食べてきたけれど
こんなに「おいしい、おいしい」と繰り返す毎日を
過ごしたのは初めてなんじゃない?!
長い期間、おいしいものを美味しく食べられなかったから
味覚が生まれ変わった感じかしら。

それに、どうしたって自分で作ったものの方が
おいしい、口に合うということがよ~くわかった!


こんなお惣菜も作ったのだった。
これを食べるためだけに
油揚げを作ってもいい。

c0124619_22563527.jpg


そう、りんご姫は ひじきの煮物 が大好きだったことを
思い出した!
これで、ご飯が何杯も食べられちゃう。

それに、どうしてかな、なんだかとっても美味しく煮えたのよ。
有機のひじきだからかな。

「家のそばにお店があるから」と言ってエェゾウ姉が買って来てくれた
乾物類などは、「オーサワジャパン」のものだった。
りんご姫、メーカー名に疎くなっていますが
なんだか有機食品では有名なようね~。

こうやってしっかり海草も食べれば、美しい黒髪が戻ってくるはず。
いやー、すでに白く輝いているベリーベリーショートだからな。
どうなるかな。。。
白じゃなくて輝く金髪と黒髪のメッシュになったら…
かっこよくなるんじゃない?
そんなわけにはいきませんか。。。


楽しかった9月に「乾杯!」といきたいところだけど
今日は、洋ナシのケーキ「9月のマレケーキ」といっしょに
落ち着いてゆっくりコーヒーを飲みましょう。
スザンヌヴェガの音楽つきでね。

c0124619_22581684.jpg


無事、このひと月を終えられました。
みなさん、ありがとう。


***********************************************************


「ありがとう」の思いを込めて・・・

9月のマレケーキ  のレシピ


<材料>

写真にあるように
マフィン型6個分と約20×10cmのパウンドケーキ型で薄く作ったものの
分量です。

洋ナシ  4個 (マレの洋ナシは、細めかでしたね~)
グラニュー糖 90g
小麦粉 60g
卵 2個
ベーキングパウダー 5g
バニラシュガー 5g
アーモンドパウダー 75g
バター 90g
ナツメグ 少々
塩 少々


<作り方>

1. オーブンを180度で温め始める。
   洋ナシの皮をむき、種を取って、
   1個分は飾り用に薄く切るなどして
   残りは、小さいサイコロ型に切る。

2. 大きなボールで、室温で戻したバターとグラニュー糖、バニラシュガーを
   3分程度混ぜる。
   そこに、卵、振るった小麦粉、ベーキングパウダー、
   アーモンドパウダー、洋ナシを入れ
   ナツメグと塩も加えて、混ぜる。

3. 2を型に流しいれ、約15分オーブンで焼く。
   15分たったら、その上に飾り用の洋ナシを
   「かわいらしく!」乗せてさらに
   「いってらっしゃーい、また後でね」
   とオーブンに戻し、25分焼く。

   焼き具合を確かめて、OKだったら、オーブンから出して
   「お帰りなさーい!」
   さまして、型からはずす~
   あー、いい香り!  

これは、もともとは「りんごのやわらかしっとりケーキ」のレシピで
それを適当に!アレンジしたものなので、
りんごでもできるし、
バニラシュガーの量なども好き好きで
いろいろ変えて…
「9月のマレ」の香りを作り出してくださいまし~!! 

今朝の姫りんごと9月1日の姫りんご
[PR]
by echalotes | 2009-09-30 23:36 | 我が家で静養
街の中心にどっしりと動かない


c0124619_5534156.jpg


ユネスコの世界遺産のカテドラル、大聖堂がある。


c0124619_5543125.jpg


時々ここに来たくなるのは
時々山を見たくなる気持ちと同じかもしれないな。

これだけ大きいと見上げるものね。

c0124619_16355058.jpg


c0124619_16363530.jpg


c0124619_1637844.jpg


今年の1月1日には、カシューと初詣に来たのよね。
誰もいなかったわね。
破魔矢も売ってなかったわね…


“山”の向かいにある“お菓子の家”のようなこの建物。
りんご姫が今年2度目の外食ができたレストラン。

c0124619_5564253.jpg


ここで何を食べたかは…
もうすぐエェゾウ姉から写真が届くはず。


“山の麓”に温泉がないのは残念だけど
古本屋さんや骨董品屋さんが並び

c0124619_5573276.jpg


c0124619_5581271.jpg


「おはようございます。」

c0124619_5583769.jpg


と猫が言うので
「おはようございます。」と丁寧に挨拶したり

c0124619_55909.jpg


毎日散歩に来ても飽きない家並みには
温泉と同じ効果があるみたい。

c0124619_60223.jpg


c0124619_634549.jpg


月曜日の午前中はお店がお休みで
静かに散歩するにはちょうどいい。


山に背を向け、
深呼吸。

c0124619_641485.jpg


c0124619_645118.jpg


もう落葉の季節だ。


昨日の朝バックに入れた文庫本の随筆の中の
詩に、待合室でのたった数分の間に
たまたま再会した。
それで特別、またここに来たくなったのかも知れないな。



 今こうして連なる峰々を見てると
 夢の中の憩いのようでもあるけれど
 こんな山肌の色をみたことや
 寂しい谷を霧に濡れて歩いたことが
 あなたをやわらかく救うときがあるでしょう
 取りつきようのない寂しさの中を
 蟻になった気持で歩いたことが
 あなたを元気づけることがあるでしょう
 天へ飛び立っていくような歓喜と
 永遠なものに包まれてしまった哀愁と
 それが儚い人間には必要なのです
 冷たい水 もう一杯のみますか  》
 
 串田孫一『若き日の山』の「山頂」より

 ごめんなさい、初めの3分の2は書きませんでした。
 それじゃあ、詩の意味ないわよね。。。
 それに実際は縦書きだし。。。
。。。
 だから、ごめんなさい。

。。。
 だから
。。。
 冷たい水じゃなくて
 冷たいロゼを
 もう一杯
 ください~。

今朝の姫りんごと昨日のマレ
[PR]
by echalotes | 2009-09-29 21:26 | 我が家で静養
めでたく、めでたく
マレの畑に行けたので
お祝いに
「ホタテガイのポワレとアンディーヴのブレゼオレンジ風味」
を作ってみた!

簡単に言っちゃえば、
ホタテガイをフライパンで焼いて
アンディーヴを蒸し焼きにして
オレンジで風味をつけたんです。

アンディーヴは、日本ではチコリと呼ばれてるかな。

ちょっと甘い白ワインも入っています。

c0124619_426990.jpg


このワインをなみなみとグラスについで…あとで乾杯もしましょうね。

c0124619_4274053.jpg



ちょっとお皿のくぼんだデザインをお見せしたい方がいるので
こんな角度からも。

c0124619_4294974.jpg



アンディーヴのブレゼは
電子レンジでも簡単にできるし
あたたかい野菜が食べたい時に
とても美味しく食べられます。

このオレンジ風味のソースは
りんご姫、気に入っちゃいました。
食欲を“盛り上げて”くれます。


ツバメの王子、いつも応援ありがとう。
「マレでまた元気に畑仕事ができそうよ。
 乾杯!  」 
c0124619_433292.jpg



いつも応援してくださってるみなさんとも
「南京錠も無事開きました。
これからは、また畑の話題にもお付き合いくださいませ。
 乾杯! 」

c0124619_4351828.jpg


あら、この小さなグラス一杯もまだ飲んでないのに…
酔っ払ってる??

甘口の口当たりのよい白は
ロックフォールのチーズとも
合うのですよ…

食後のコーヒーのために
同じ柄のカップをご用意しましょう!
そのカップは...
えへへ、
加代子さんの国境の村にありますよ。

今朝の姫りんごと昨日の市場とお相撲と!
[PR]
by echalotes | 2009-09-28 19:02 | 我が家で静養

マレの畑に行けた!

25日の金曜日
私の「渡し」の開かずの南京錠をどうやって開けるかを相談しようと思って
久しぶりにマルセルのお店に行った。

ところがマルセルは不在で
息子のウィリーがたくさんのワインの瓶を整理していた。
「マルセルは元気?」と聞くと
「ああ、元気だよ」とあまり力の入っていない返事だった。
「そう。。。」とだけ言って
とっておきの日のためにとっておきのロゼを一本買って
南京錠の話ができないままお店を出た。

帰り道、
これまた久しぶりに
ツバメの王子の兄のフィフィの家の呼び鈴をならした。

「おー、どうしているかと思っていたよ。」
ナデット姉も出てきて
彼らの家のサロンでちょっと話をした。

くわしいことはわからないけど
どうやらマルセルは心臓になにか問題があるそうで
午後だけお店にいるそうだ。
なんだか心配だな。
そのうち、午後にまたお店に行ってみよう。

それから
フィフィ兄に南京錠の話をして
土曜日に一緒にマレに行くことにした!



そして
気持ちのよいお天気の土曜日の午後。

c0124619_331442.jpg


おー、雑草が青々と美しい!?我がマレだな。
でも、なんでフィフィ兄がりんご姫の「渡し」を漕いでるの?

例の南京錠
フィフィ兄がぐいぐいと半ば力ずくで開けてみると…

開いた!


錆びていたのではなく、おそらく湿気のせいで開かなかったのだろうと言うことだ。
あ~よかった。
これで、一人で行きたい時にマレに行ける!

この間、南京錠が開かなかったのは、やっぱり
「マレの畑での仕事は、もう少し先にしなさいね~」
「今日はお弁当だけ食べて帰りなさーい」っていう
きっと、ツバメの王子からの優しさのプレゼントだったのだろう、
ということにしておこう。

そして
フィフィ兄は、りんご姫を我がマレに残し
私の「渡し」で彼のマレへと去っていった。
なんと
フィフィ兄は自分の船の鍵を忘れたのだ!
なんてこったい。


あとで迎えに来てくれるというので
それまで我がマレの見回りだ!!

c0124619_3402427.jpg


カシスの木もミラベルの木も雑草の海に埋もれている。。。

c0124619_341767.jpg


小屋の前も雑草と、ロリエの枯れ葉が重なっていて
扉を開けられるかな。。。

c0124619_3415159.jpg


小屋の周りはクローバーが伸び放題。。。

c0124619_3423364.jpg


おまけに川とは反対側の流れには
ジュシーというととっても繁殖力の強い水草の雑草が溢れている。。。
隣のマレのロベールとチャンたちもかなり長い間来ていないようだ。

c0124619_3432269.jpg


去年片付け切れなかったチェリートマトが地べたに横になりながらも
実をつけている。。。
なんという自然の力。

c0124619_3442352.jpg


かなり背が高く伸びた雑草の海の中で
首を傾げてる洋なしの木には、実がなっている。。。

c0124619_540860.jpg


なんの手を入れなくても、毎年実をつけてくれる。
でも剪定してあげなくちゃね。

c0124619_3451521.jpg


それにしても
この背の伸びた雑草たちを刈って
少しずつでも畑にもどさなくちゃ。。。



お~、思いがけず

c0124619_346322.jpg


こんなに洋なしの収穫ができた~!!

c0124619_3465144.jpg


フィフィ兄のところでとれたいちじくとくるみを
ほんの少しだけもらった。。。


この間開かなかった南京錠のおかげで
今日はまたいい日が過ごせたな。

雑草は伸びたい放題に伸びていたけど
ほとんどジャングル化して足を踏み入れられないんじゃないか
なんて想像していたから
それに比べたら。。。大したことはな~い!!

約1時間、小屋の前の落葉を集めたり、
雑草を刈ったり
「動ける!動ける!気持ちいい!気持ちいい!」
と嬉しく働いた。

へへ、そのあとちょっとくらくらしちゃったけどね。

畑復帰の大きな一歩が踏み出せた。


少しずつ
少しずつ
手入れをしていこう。

この毎日少しずつの手入れが
とってもとっても大事だということが
今、とってもとってもよくわかる。

畑の仕事もそうだし
家の手入れ、体調の手入れ
友情や愛情の手入れもね。

そして、そのちょっと面倒くさい手入れをすることが
楽しく思える。
若いときには手入れは面倒だし
それが楽しいなんて思えませんでしたね。

りんご姫は何があっても
年を重ねていくことが嬉しい!


畑で汗をかいて
家に戻ってすぐにシャワーを浴びるのは
約一年ぶりだった。
気持ちいいな~、夕方のシャワー!

収穫できた洋ナシは何に変化させようかな。
いちじくはお肉料理のソースに使おうかな。
くるみは、ケーキの中に入れるかな。
次は、いつマレに行こうかな。


「渡し」で水の上を滑っていくのは
なんと気持ちのいいことか。

車は運転できないけど
「渡し」が漕げて幸せだな~としみじみ思うりんご姫である。

りんご姫の生活、とってもエコよね!

今朝の姫りんご
[PR]
by echalotes | 2009-09-27 15:21 | 我が家で静養
野菜をいっぱいいっぱい。
それなら天ぷら天ぷら。

c0124619_148145.jpg


かき揚げにセロリを入れてみたら
黄緑がきれいだし
さわやかな味になった。

セロリの匂いが嫌いじゃないりんご姫のような人にとっては
おいしいっ!!
天ぷらがいっぱいでごはんが顔を出せませんね。

ズッキーニ、なす、にんじん、たまねぎ、セロリ
かき揚げの中には、ちっちゃいえび、ちっちゃいたこ、ちっちゃいムール、
それにちっちゃく切ったいかが入りました。

これにだいこんおろしとしょうがも天つゆの中に
入ったから、7種の野菜になりますね。

ごぼうやさつまいも、春菊やしいたけもほしいわね。。。
次回、次回ね!

それから

日本にいたら
毎日でも食べたいもののひとつが。。。

「みたらし団子」
も、白玉粉で作りましたよ。

c0124619_1558090.jpg


たれが少し辛めで
まさに「東京みたらし団子」の味になった。
満足じゃぁ!


食べたいものを
食べたいように
作る。
とってもエゴイストな料理人。
でも、料理ってエゴイストでいいわよね~。

今朝の姫りんご
[PR]
by echalotes | 2009-09-26 16:12 | 我が家で静養
いつも“かかりつけ医”とか、“一般医”なんて呼んでいる
ドクターステファンは MEDECIN GENERALISTE。

日本では夏の盛りに放送されたようだけど
最近、衛星放送で『総合診療医ドクターG』を見て
「ふむふむ、ドクターステファンは総合診療医なんだな」
と、改めてその役目を確認したのであった。

日本でかかりつけというと
たいてい内科とか小児科の先生になると思うけど
ドクターステファンは
どんなケースでも、それぞれの症状を見て
必要に応じて専門医に患者を送ってくれるのだ。

診察時間は、たいてい15分をかける。
きちんと患者と向き合う位置で
患者の話を聞いてくれる。

そういうシステムの中で
りんご姫はマンモグラフィ、エコグラフィのドクターに送られ
たくさんの検査や、手術、治療を受け…
今は、オンコローグ(腫瘍科医)のもとで放射線治療を受けているのであった。


c0124619_23193167.jpg



今朝、15回目の治療が終わった。
だから…あと7回!
残り7回になったので嬉しいけれど
この中盤戦の今が正念場!

早く終われ~と言う気持ちで
イライラしてくる時期で
あと一歩の手前のあえぎどころなのだ。

あ、頂上だと思って気を抜いたら
実は頂上手前の隠れポコだったとわかり
どっと疲れが出てくるのと同じだ。

抗がん剤治療の時もそうだったけど…
ここでイライラを募らせては
もったいない!

そこで
りんご姫は
何を始めた?!

足湯じゃあ~。

身体を温めるのには足湯がいいことは知ってたけど
ほんとうに疲れているときは、足湯どころではない。
ベットでぐったりで足湯のことなんて思い浮かばない。
やっと、足湯に気持ちが向いた。

いや、実はシャワーだけの生活だと
足の裏がよく洗えなかったり、足の裏が硬くなっちゃって
足湯で足の裏をふやかそうと言うのが最初の目的だったのよ。


でも、 いいわ~「足湯」。


足もあったまるけれど、
体中がほわーんと温まって
心地よい眠りにつけます。

“足湯にエッセンシャルオイル”も試してみましょう。
と思って、マンダリンのオイルを我が家にお迎えしました。
なんのことはない「柚湯」と同じような効果ってわけよね。
どんな具合いになるのか、楽しみ、楽しみ。



ところで、最近気がついたのだけど
首を下に向けると
足に痺れが走る。

といっても
ビリビリっと足先に向かって電気が走り
「おっとー」と目が覚める感じの程度だ。
そして時々
指の先も感電したようにぴりぴりする。

これは抗がん剤の副作用の名残のようなものらしい。
抹消神経障害」と言うらしいけど
「障害」という言葉のイメージからくる「大変だ~!」ってな
感じではないのよ。

ビリビリ症候群みたいなもので
「お、おー」と楽しんでる。
なにかいいことがありそうな予感がするとき
ぶるぶる、ぞくぞくっと震える時のいい感じと似てる。

次回のポワーットドクターの診察時に聞いてみようとは思うが
「それは時間が経てば治ります」とか
「しょうがないことですね」とか
「そんなものよー」なんて
言葉が返ってくることでしょう。

ひどくなるようなら何か薬でも出してくれるのだろう。
なんだかりんご姫も、のんびりした
ポワーット患者になってきたね。


c0124619_2320478.jpg



23日の水曜日の治療は
いつもとは違う照射室の違うマシンで受けた。
いつものマシンの点検に時間がかかっているとのことでね。

その日の待合室で
あのめがねのおしゃべりおばちゃんに会った。
この日で治療が終わるそうだ。
よく話を聞いたら
って私から尋ねたのではなく彼女からべらべらしゃべっていただけなんだけど
5年前に左胸の治療をして
今回その時よりは早い段階だったけど
右の胸に同じように癌が見つかったので
治療に通っていたということがわかった。

抗がん剤を受けていないのだと思っていたけど
きっと5年前には抗がん剤も受けたんだろうな。
治療が終わることで興奮気味だった彼女に
5年前の詳しい話は聞かなかったけれど。

やっぱり、今後身体の具合を監視、点検していくことが大事なのね!
OK。そのことはしっかり心に留めておくわ。
ありがとう。めがねのおしゃべりおばちゃん。


c0124619_23222339.jpg



オレンジ色の大きなかぼちゃが畑に登場する季節になった。

来年の秋は
どこでどうしてるかな。

マレの畑で秋の野菜を収穫して
おいしい生活ができてるんじゃない?きっと!!

気の早いりんご姫は
2010年のアジャンダをもう買っちゃった。
検査の合間に
楽しい計画をいっぱい詰め込まなくちゃね。

今朝の姫りんごと今日のスカーフ
[PR]
by echalotes | 2009-09-25 17:08 | 我が家で静養
満を持して油揚げ作り挑戦の日を迎えた!

油揚げがあれば
煮物の味も美味しく変わるし
またまた作りたくなるおかずが増える!

じゃあ、どうやって作る?
大雑把な作り方はわかるとしても…

そんなふうに思っていたら
とても丁寧に作り方を説明してくれている
すばらしいサイトを見つけた。

そこでこの
男の趣肴ホームページ
とても細かく詳しい油揚げの作り方を参考にさせてもらおう!

準備したのは
こんな
料理をするというよりは
何か実験のための道具みたいなものたち。

c0124619_359264.jpg


お豆腐のパックを開けて
「あーそうだった」

c0124619_404996.jpg


このお豆腐はすでに二つに切ってあるのよね。

この白さと硬さは
モッツアレラチーズを思い起こさせるでしょう?!

ま、大きさに文句は言わないことにして
とりあえず切ってみましょう。

と思ったら、かなり硬い!
包丁で切り目を入れてから
この「油揚げ作成用特別豆腐カッター」で切る。

c0124619_423789.jpg


「なかなか。。。」ではありませんか。

それから、重石を乗せて水気を出す。

c0124619_433615.jpg


2時間以上このまま。
それからタオルに挟んでさらに水気を切ること1時間半。
水分は抜けば抜くほど、油揚げ作りの成功率が上がるんですって。

そして…油の中で揚げるから、油揚げなのよね。

c0124619_23404956.jpg


いい感じじゃない?

りんご姫の油揚げ第一号!

c0124619_2341181.jpg


ちょーっとー、ワンタンの皮を揚げたときのようですが。

揚げたては硬いけれど
このあと、ラップで包んで電子レンジで
蒸気を逃がすと、少し柔らかくなる。

少し厚めに切った豆腐を揚げたのを
「厚揚げ」として大根おろしと一緒に食べよう!

c0124619_2341494.jpg


うーん、厚揚げだ。当然だ。
それなりに、おいしい。

これで
作り方がわかったぞ。

これからは
豆腐を切る時の厚さの問題とか
油の温度調節とか
電子レンジで蒸気を抜く時間とか
を、試行錯誤ってところですかね。

しかし
問題は。。。


もとのこのお豆腐が
美味しいお豆腐ではないってことだ。



だいたい賞味期限がひと月もあるお豆腐が美味しいわけがない。

え、じゃあお豆腐も自分で作るの?
いやー、それは、いつになることやら。

この秋は、これで一応満足じゃってことにしておこうよ。
懐かしいお豆腐屋さんの匂いにりんご姫の鼻も喜んだし、
大昔、自転車でお豆腐を売りに来ていたおじさんの
プープーっていうラッパの音も耳の中で聞こえたし…

え、自転車に乗ってフランスでお豆腐屋さんになる?
いやー、
いや、
それは
いいかもしれなーい!

今朝の姫りんご
[PR]
by echalotes | 2009-09-24 21:15 | 我が家で静養

秋分の日はマレ日和

お天気に誘われて
ヒッピーよりヒッピーなヒッピッピーな格好をして

c0124619_2334324.jpg


お弁当を持って
いざマレへ!

久しぶりのマレだな~。
家からすぐだけど
自然の香りがする。

c0124619_2351099.jpg


私の「渡し」にかぶさっている雑草を取り除いて
たまっている雨水を汲み出して
「大丈夫かな~。ちゃんと漕ぎ方覚えてるかな...」

c0124619_2364251.jpg


荷物もしっかり乗せて
大事なお弁当と水筒も転がらないように。

c0124619_2373449.jpg


これでよし!
さて鎖を岸からはずさなくちゃ!

c0124619_238262.jpg


ところが、ところが

いつも何かが起こるから
ショックも受けないし
悲しくもないんだけど。。。

この南京錠が開かない!

以前から少し調子が悪かったんだけど
雨にさらされたり、長期間ほおって置いたから
錆びちゃったのか。。。

さっきマレの人たちとすれ違って
「おー!どうだい!元気か?」と声をかけてくれて
「まだ治療が残ってるけど、なんとか元気!」って答えて、
それから彼らはお昼を食べに家に帰っちゃったし
誰もいない港。

誰か来てくれるまで少し待つことにするか。
畑を眺めながらお弁当を広げるつもりだったけど
よし!「渡し」の船上でお弁当を広げちゃおう!

c0124619_23124894.jpg


久しぶりにお日さまの下で食べるお弁当は
また格別おいしいな。
水筒のほうじ茶も遠足の味がする。

それにしても誰も来ない。

日に当たりながらずっと誰かを待つのも
疲れちゃうな。

そっか、今日はこの程度にしておきなさいってことだな。

畑に行って、草取りするのも疲れちゃうかなって
少し不安だったから、
よし!家に戻ることにしよう!

せっかくだから港の風景を写真に撮って、と。

c0124619_231625.jpg


この方向へ、すーっと船を滑り出していけるはずだったんだけど。

c0124619_2316573.jpg


川の向こう側は、この間散歩した小さい堤防。

ま、マレは逃げないし
時間はあるし
またお天気のいい日に来ることにしよう!

ただ...南京錠の問題を解決せねば!!!

こうして
小さいけれど
大事な大事な
マレの畑仕事への第一歩を踏み出し
元気いっぱいの方向へ滑り出した
りんご姫でありました。

家に戻ってから
仕切りなおし。
畑を見ながらこれも食べたかったな。

c0124619_23192479.jpg


昨日22日は、フランスで秋分の日。
時差のせいか、日本とは一日ずれてるのね。
それで、お彼岸だからおはぎを作ったのよ。
おはぎというよりは、おはぎおにぎりですが。

エェゾウ姉が日本から持って来てくれた
玄米もちをご飯と一緒に炊いて
缶詰のあづきで包んで作ったの。

このおいしさは天上のみなさんと
分かち合いたかったのよ~。

それにしても
いい一日が過ごせたな。
「渡し」は出航できなかったけど
それでも幸せな暦の上での秋の第一日目であった。



ところで
今日
9月23日

カシューの誕生日

南仏まで声が届くように
大きな声で

お誕生日おめでとう!!

日本語もう忘れちゃってるだろうから
フランス語でもう一度。

BON ANNIVERSAIRE!!

我が家へやってきたのが2007年の11月5日だったね。
その時、約2ヶ月だって言われて
あとで獣医さんの所へ行って、
獣医さんが誕生日の日を決めてくれたんだった。

2歳だよ。カシュー!!

戻ってきたら遅ればせながらの
誕生会を二人でしようね。
特別にカシューのためにケーキ作るかね。

今日は、マレの話と写真で
マレの香りが南仏へいるあなたへのプレゼントね!!

c0124619_2075821.jpg


ツバメの王子の膝の上で
こんなに小さかったのよね。

カシューは秋生まれ。
りんご姫は春生まれ。

お互いいい季節に生まれたわね。

今朝の姫りんご
[PR]
by echalotes | 2009-09-23 20:30 | 我が家で静養

全粒粉スパゲッティ

いつもストックしておきたいCapelliniが見つからず
広いパスタ売り場を見回していたら
とっても興味をそそられるスパゲッティがあった。

c0124619_129755.jpg


七分づきのお米で育ち、16穀ご飯だって、何十穀ご飯だって!?
大好きなりんご姫が、全粒粉パスタが嫌いなはずがない。

豚の背脂を細かく切ったラルドンと

c0124619_1293043.jpg


たくさんの野菜をトマトソースで和えて

c0124619_1305496.jpg


いただきまーすー!

全粒粉スパゲッティは
口の中では、ご飯を食べているような粒々を感じて
噛み応え、食べ応えがある!

りんご姫は、またおいしいものを見つけてしまったよ。

きっとこの味を美味しいと思えない人もいるかもしれないけど
玄米ご飯などが簡単に手に入らない
このフランスの田舎では
玄米ご飯に代わるものといえるかもしれない~。

ふつうのスパゲティと混ぜてみたらどうかしらね。
いつかやってみましょう。


食後は
「失敗は成功の元になるはずだ…タルトタタン」
どうしてこういう呼ぶのかは、言わない聞かない。ははは。

c0124619_134752.jpg


ははははは。日焼けに失敗したんだなあ。
この夏のりんご姫みたいに
日焼け止めクリームをいっぱい塗っちゃったんでしょう。
ということにしておいてね。

今朝の姫りんご
[PR]
by echalotes | 2009-09-22 22:26 | 我が家で静養

カシューも食欲の秋

南仏からカシューの便りが届いた。

c0124619_1255039.jpg

カシューの視線は、まっすぐお皿に向かってる。

またちょーどいい高さなんだもんね、このテーブル。

c0124619_1261969.jpg


「アンヌちゃーん、あたしのお皿は?まだ???」

アリス姉がカットした毛がちょっと伸びたのか
もこもこの毛になってるよ。
お顔は、なんだかとっても女の子だけど。。。

外では、収穫あとのブドウ畑に現れる
はねまわるうさぎに興味津々なんだってね!

りんご姫かあさんも
カシューとうさぎと
一緒に跳ね回りたいよ~。

やっぱりカシューは、かわいいな。

そしてピエール君はどんどん思春期の真っ只中に
向かっていくんだなーって感慨深く
その成長振りを見るりんご姫おばさんであった。
[PR]
by echalotes | 2009-09-22 20:49 | 我が家で静養