liberté,amitié,illimité


by echalotes
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:ailleurs かの地 日本( 25 )


「かっちゃん、久しぶり~!!」

c0124619_5135342.jpg


「母さ~ん、久しぶり!!」

相変わらず食欲が戻らず
力が出なくてへろへろしてる(Je suis patraque!Sachan、この言葉の存在を教えてくれてありがとう。)
りんご姫には
元気モリモリのかっちゃんを一日に何回も散歩に連れて行くのが
とっても億劫なときがあって
頑張ればできないこともないけれど
頑張りすぎると
自分にとっても周りにとっても
後が怖いので
かっちゃんは、ただいまフィフィ兄とナデット姉のところで
ホームスティ中だ。

体が疲れてるとき、心が疲れているとき
SOSを出すことがとっても大事。
ツバメの王子の病気、最期、
自分の病気、その他諸々の出来事の中で
だんだんとわかってきたことだ。

疲れすぎたり、無我夢中だと
自分が疲れてることさえわからない。
悲しみが大きすぎると
自分が悲しいのかどうかもわからない。

日本のみんなの涙、
ニュースの映像でこんなにたくさんの日本人が泣いている姿を今まで見たことがないと思う。
大人も子どもも、女性も男性も。
特に日本の男の人たちのたくさんの涙、
こんなに見たことないのではないかな。

みんなの肩épauleに重い荷物がのっかてしまった。
みんなそれぞれの場所、立場で頑張ってる。

がんばっている日本のみんなが疲れきってしまわないか
突然倒れてしまわないか
でも「がんばるしかない」といいながら頑張るしかないかもしれないけど
遠くにいるからこそ
心配だ。



c0124619_5161169.jpg


「 カシューです。
あたしは、フィフィやナデットにおやつをもらったり
お散歩にたくさん連れてってもらったり
とっても元気にしています。

でも、今日は母さんに会って
日本のみんなのことが心配で日本のある東の方向を見ています。

あたしは、とっても元気だから
みんなの肩の荷物をちょっと分けてね。

疲れたときに「疲れたよ~」ってあたしに言ってくれるだけで
ちょっと荷分けができると思うの。

あたしは、肩が重くなったら、走り回ったり、泳いだりしながら
マレの島や川に肩の荷を降ろせるからね。


あたしはいつも
みんなの横にいるからね。   」



りんご姫からは、肩を貸してくれるあなたに、心からありがとう!

Je remercie à tous mes amis, à vous qui m'épaulez à votre manière!


食欲回復作戦の一環で
「いったいお腹の中はどうなってるのかい?」
と調べるために月末にCTを受けることになったのだ。

ちょっと不安、
それよりも検査や結果を待つということが
もうやんなっちゃうのね・・・
何度こうやって待ってきたことか・・・
これから何回これを繰り返すのか・・・
気が遠くなりそう~

しかし

日本では気が遠くなりそうな
どのくらいの時間がかかるかわからない
さまざまな作業に
たくさんの人が懸命に取り組んでるのだよ。

先のことを考えて
どうしたらいいかわからずに
気が遠くなりそうになってる人たちが
たくさんいるのだよ。



あー、

いろいろなところで、いろんなやり方で
お互いに肩を貸しあうことs'épauler

実際に、あるいは離れていても心を寄せて
一緒に歩いていくこと

それが
それぞれの重い荷物少しずつ軽くして
日本という国をなんとか光の方へ

そして
それぞれが前へ進もうとする力を得る
ひとつの小さな方法かもしれないね。
[PR]
by echalotes | 2011-03-19 23:19 | ailleurs かの地 日本


c0124619_564242.jpg

2010/06/12



待つことは 信じることかな はるの国



Attendre     
c'est croire 
Mon pays natal
          


c0124619_4525195.jpg


姫りんごの木、芽吹き始めたよ。
[PR]
by echalotes | 2011-03-18 23:17 | ailleurs かの地 日本

日本のニュースを見ることをやめることができません。


どうか救助、救援が進みますように。
それがスムースにいくように
お天気の日が続きますように
冷え込みが厳しくなりませんように

たくさんの無事の再会がありますように

この大変な状況を乗り越えていけるように
みんなが勇気を持てますように


c0124619_20242614.jpg


ここからはあまりにも遠い極東の日本、
私にも、なにかできることはないかな。
何かあったらお知らせください。

マレの日の丸を大きく掲げて
カシューとともに
私の大事なふるさと、日本に向かって強く祈っています。

フランス人の友人たちも
日本のことをたくさん祈ってくれています。

c0124619_20244887.jpg


天上に向かっては、
命を奪わないで、
家族を奪わないで
もう悲しみはたくさんだよ、
日本のみんなに穏やかな日が早く戻るように
と、祈るのみだ。
[PR]
by echalotes | 2011-03-13 20:39 | ailleurs かの地 日本

カモメ2


c0124619_827473.jpg


なぜ「カモメ2」なのかと言えば

カモメ1のカモメたちは
duneさんのところの琴弾橋にいて
まじめに海の方を見ている。

c0124619_8244942.jpg


これは、ちょっと古い話になってしまったけど
昨年秋の横浜の山下公園のカモメたち。

c0124619_8255771.jpg


ふつう、鳥の横顔はまじめ・・・と思ってたけど

c0124619_8264221.jpg


このカモメたちはちょっとおちゃらけてるねぇ。

あれ、まじめな顔をしているのは、空を飛んでいるときだけか??

海にも川にもマレにも、カモメがいるね。
[PR]
by echalotes | 2011-02-08 23:23 | ailleurs かの地 日本

地下鉄の浅草の駅から外へ出て、目の前に現れたのは

c0124619_68768.jpg


東京スカイツリー。

これを見るためにここへ来たのではなかったので
ちょっと不意をつかれた喜びを感じて
「はじめまして」と挨拶をした。

本来の目的は

c0124619_610218.jpg


隅田川を船で下るクルージング。

でも、しばしツリーをめでることにしよう。

c0124619_6105643.jpg


c0124619_6111665.jpg


c0124619_6113571.jpg


c0124619_612098.jpg


吾妻橋あたりからはスカイツリーがこのように見えるわけです。

クルージングも今日の目的だけど
もうひとつの呑み助の目的はこちら。

c0124619_613327.jpg


c0124619_6133032.jpg


ご存知の方は、ご存知!ですね。

看板にあるデンキブランとは神谷バーさんが説明してくれています。

開店までに時間があるので浅草寺まで行きましょう。


c0124619_6165939.jpg


c0124619_6172358.jpg


いつ来てもまるでお正月のように混んでるね。
買い物はしないので
横のバイパス道を通って

c0124619_618444.jpg


この煙だけは、身体のあちこちにいただいて。
この写真を見てるみなさんも、煙のご利益で健康でありますように!

c0124619_6202398.jpg


c0124619_6204717.jpg


浅草寺の境内からもスカイツリーが見えるのね。

c0124619_6212647.jpg



さて、そろそろ神谷バーの開店時間だ。

お、もう列ができている!

c0124619_6221356.jpg


そう、ここは浅草1丁目1番

c0124619_6225765.jpg


デンキブランの説明は店内にもあって

c0124619_6232195.jpg


c0124619_6234815.jpg


c0124619_624226.jpg


相思相愛なのは・・

c0124619_6245455.jpg


生ビールと電気ブラン!!


店内はね、
いかにも「食堂」という感じですよ。
うーん、昭和の香りがするってところかな。
この感じ、フランスから東京へ行くたびにふらっと足が向いてしまう。

c0124619_626473.jpg


c0124619_6272075.jpg


デンキブランは
養命酒とお屠蘇の味に似ています。


強いお酒はほどほどに
乗り込む船は、このお船。

c0124619_629992.jpg


c0124619_6293713.jpg



セーヌ川を思い出しながら
橋の下を潜り抜けていく
橋の名前はすっとばします~

c0124619_6302652.jpg


c0124619_6305082.jpg


c0124619_6334951.jpg


c0124619_6352513.jpg


c0124619_6355737.jpg


c0124619_6363558.jpg


c0124619_637558.jpg


c0124619_6373924.jpg


c0124619_63854.jpg


c0124619_6384536.jpg


c0124619_6402398.jpg


c0124619_6405899.jpg


c0124619_6412843.jpg


c0124619_642421.jpg


見えてきたのは浜離宮

c0124619_6424618.jpg


水門を通って

c0124619_6431932.jpg


浜離宮に上陸、穏やかな空気の中で散歩~!!

c0124619_644316.jpg


c0124619_6443272.jpg


c0124619_645537.jpg


ここでも菜の花プロジェクトのようですよ。

c0124619_6454668.jpg


遠くに見えるは東京タワー

c0124619_6464576.jpg


c0124619_6471954.jpg


c0124619_6475340.jpg


また船に乗って日の出桟橋まで

c0124619_6483736.jpg


c0124619_6491654.jpg




浜松町、大門の界隈は

c0124619_650669.jpg


東京タワーの麓の町。

c0124619_651021.jpg


c0124619_6513424.jpg


そして、ここから地下鉄でどこへ向かったかといえば

c0124619_6522690.jpg


昨日の夕方、門がすでに閉まっていたあそこへ

c0124619_6532348.jpg


昨日は見えなかった武道館が左手にちらりと姿を現す
そうよ、ビートルズがコンサートをした武道館。
りんご姫は、スティービーワンダーのコンサートをここに見に来たことがあったね~。
古い話だぁ。

c0124619_6584216.jpg


こま犬もよく見える!

c0124619_70793.jpg


この秋は、実にいちょうの黄色がまぶしいね。

c0124619_70541.jpg


よかったね、今日は門が開いてるよ。

c0124619_713559.jpg


c0124619_724175.jpg


c0124619_7389.jpg


「東京のうどんは辛いね~、味が濃いね~」

c0124619_74854.jpg




有楽町、東京駅付近をうろうろした後

銀座のネオンには2011年の文字も見えた。

c0124619_755728.jpg



これにて、スーちゃんとの東京見物は終了。
大量の時間をりんご姫のために割いてくれたスーちゃん、ありがとう。
2011年どんな年になるかね~。
スーちゃんとの不思議な出会い、再会、珍道中・・・
これは、いつか小説にでもしなくちゃね。
[PR]
by echalotes | 2010-11-28 23:52 | ailleurs かの地 日本

本日の東京見物は夕方の渋谷から出発!

c0124619_1043965.jpg


渋谷の駅前のこの交差点は、
フランス人でもテレビで見て知ってる人が結構いるのだ。

c0124619_10432932.jpg


目指すことは

c0124619_10435170.jpg


健康な毎日・・・まずはね。

道玄坂から

c0124619_1042672.jpg


東急文化村
c0124619_1047460.jpg


パリに本店があるカフェ・ドゥマゴ

c0124619_10445717.jpg


すっかりクリスマスだな。

c0124619_10475886.jpg


松涛の界隈を通って、NHKの方へ

c0124619_10483644.jpg


渋谷公会堂は、昔と変わったわね。

c0124619_1049465.jpg


偶然通りかかった宣伝のトラックだけど、なんだかとっても渋谷らしい!

c0124619_10494316.jpg


NHKホールの周りには若い女の子がいっぱいいたね。

原宿の方へ向かうと
歩道橋の上からは、東京タワーが見えた。

c0124619_105038100.jpg


こんなふうに顔を出してくれた東京タワーに
ユーミンの曲が急に思い出されたよ。

c0124619_1051279.jpg


それから
表参道から青山方面へ
まるでクリスマスのイルミネーション観察散歩になった。

c0124619_10515445.jpg


ガードレールに腰掛けて
熱いコーヒーを飲みながら見上げたそこにも
黄葉の葉っぱたち。

c0124619_10522248.jpg


c0124619_1052484.jpg


紅葉がきれいと思ったら

c0124619_10532193.jpg


LOEWEの看板の赤が反射してただけ、これも粋な演出?!

c0124619_10542872.jpg



それから地下鉄に乗って
地上に出るまで時間がかかったけど
暗くなった外へ出れば
そこは本日2つ目の坂、九段坂


c0124619_10562438.jpg


c0124619_10565461.jpg


ちょっと怖い雰囲気も漂ってるけど

c0124619_105721100.jpg


なかなか

c0124619_10574725.jpg


きれい。

c0124619_1058113.jpg


大きくてもコマイヌ・・・とはスーちゃんのだじゃれ?肝心のその狛犬が暗くて見えないけど。

いちょうがほんとに、ほんとにきれい!

c0124619_10591844.jpg


銀杏の匂いも懐かしい。

c0124619_10594449.jpg


フランス人を連れて訪れたり、何度も来てはいるところだけれど
靖国神社の奥の門が閉まっているところは初めて見たかもしれない。

c0124619_111465.jpg


ただ単に

c0124619_1112832.jpg


美しいと思う。

その後、外堀の土手の方へ向かおうと思ったらまたおまわりさんたちがいた。
朝鮮総連の建物の警備だそうで。。。

お堀の飾りが揺れている。

c0124619_1125771.jpg



飯田橋駅の前の牛込橋を通り

c0124619_1142675.jpg



本日3つ目の坂、神楽坂

c0124619_115439.jpg


五十番の肉まんは

c0124619_1155588.jpg


またいつか~

c0124619_11627100.jpg


で、

日本へ来た大きな理由のひとつ、この居酒屋さんで飲みたかった!
sachanのおかげで発見できたお店。

c0124619_1181074.jpg


やっぱり、まずはビールで。

c0124619_1194338.jpg


鯛のお刺身、おいしかったなぁぁ。


りんご姫が飲むと決めていた山口のお酒 だっさい!
山口出身のスーちゃんは、「その味は知ってる!」
じゃあ、お勧めの青森の田酒をお願いします。

c0124619_11111143.jpg


c0124619_11114819.jpg


わかるかな~お酒の色の違い!

c0124619_11122815.jpg


ふぐのから揚げ、長なすの一本漬け!

c0124619_11134378.jpg


2杯目は山形の十四代と

c0124619_11143596.jpg


c0124619_1115367.jpg


島根の王禄をお願いします。

穴子寿司もうまいっ!

c0124619_11163897.jpg


今夜はちょっと早い忘年会ということで
おいしいお酒をたくさん飲んで
おいしいものをたくさん食べました!

c0124619_11172393.jpg


この居酒屋さん、ほんとにお勧めね。

c0124619_111836100.jpg



地下鉄飯田橋の駅では、地図で神楽坂の確認!

c0124619_11192260.jpg


c0124619_11195997.jpg


c0124619_11202691.jpg



そして東京駅へ

c0124619_11205828.jpg


修復中の駅舎、ちょっとだけ赤レンガがのぞいてる

c0124619_11215016.jpg


夜の丸の内口もなかなか素敵だ。

c0124619_11222822.jpg


c0124619_112304.jpg



そしてお世話になってる!AI家のある町へ

c0124619_11242054.jpg



東京の坂めぐりも悪くないね~。
[PR]
by echalotes | 2010-11-27 23:51 | ailleurs かの地 日本

炭火焼の化学的解説


りんご姫が日本に住んでいた頃って
まだそんなに炭火焼の焼肉屋さんてなかったような気がするんだけど・・・

今はあっちを向いても、こっちを向いても〝炭火焼〟って書いてあるのね。

c0124619_110875.jpg



「炭はね

C(炭素)+O2(酸素)→ CO2(二酸化炭素) だけど、

ガスではね

C3H8(プロパン) + 5O2 → 3CO2+4H2O(水)

だから、食材に水が付着し水っぽくなる。カラッと焼けない」

りんご姫の人生の科学班のスーちゃんの説明だぁ!
係数までは、よくわからないけど・・・
うんうん、炭だと水分が出ないってことね。
なるほどね、よくわかった!

c0124619_1105371.jpg


うーぉっ、CO2だ~。

もちろんお供は、ビールと泡盛!!
[PR]
by echalotes | 2010-11-26 23:58 | ailleurs かの地 日本

心の妹との公園散歩

たくさんのお散歩の中でも
いろんな意味で
いくつかの心に残るお散歩があって、

この日の、お散歩もほんとにいいお散歩だった。

「元気になってよかったね」と言い合える
同じ大変な病の時期に声を掛け合えた大事な妹・・・とも呼べる友だち。
そのお姉さんも、りんご姫にとっては大事な妹と言える友だち。

彼女がたくさんの思い出をつくり、またこれからも作っていく大事な公園に
連れて行ってくれて、
りんご姫も
そこでのひとつの思い出に加わることができて、嬉しかったなぁ。


c0124619_1042358.jpg


一緒に見た風景、記念に残しておこう。

c0124619_1043848.jpg


紅葉と少しだけ咲いていたさざんか。

c0124619_10434377.jpg


カシューの散歩公園も広いけれど、ここも広い!

c0124619_1045362.jpg


c0124619_10453891.jpg


c0124619_10461863.jpg


c0124619_10464986.jpg


ぺんぺん草をおーおきくしたような木だな・・・

c0124619_10471523.jpg


と思ったら

c0124619_1048348.jpg


カシューの散歩公園にもあるユリノキだった。

c0124619_10483593.jpg


この並び方がかわいいわよね。

c0124619_1049091.jpg


「お化けの森!!」

c0124619_10493285.jpg


木や葉っぱに触るのって、気持ちいいよね~。

c0124619_1050745.jpg


c0124619_10515319.jpg


とってもいい公園だね~。

c0124619_10523581.jpg


c0124619_1053127.jpg


c0124619_10535140.jpg


ブランコに座るのは久しぶりだった。

c0124619_10543144.jpg


駅での待ち合わせで「りんご姫さ~ん?!」と声をかけてくれたときの
笑顔が忘れられないよ。

c0124619_10552153.jpg


うまうまカレーと自家製パンもおいしかった~。

c0124619_1056238.jpg


いつか会えたらいいね、と言っていたことが実現できたね。

c0124619_10564569.jpg


これからも、不安なことや心身の疲れ、いろんなこと
「どうしよう~」「疲れた~」「もういやんなっちゃう~」って言い合いながら
なんとかやっていこうね。

次回は、もーっと元気になって
大勢でお料理したり、賑やかな時間も過ごしましょうね!!

家族みんなでこの公園で楽しくお散歩してる姿が見えるよ~。

ほんとに会えてよかった。ありがとう!!!
[PR]
by echalotes | 2010-11-26 23:50 | ailleurs かの地 日本

多摩の丘でお世話になったYYちゃんの家には
りんご姫がずーっと前に作った
シューちゃん がいる。

c0124619_10243215.jpg


その後ろの写真に写ってるのは
実に15年前のりんご姫とプチYちゃん。
この日は、みんなでディズニーランドへ行ったのよね。

シューちゃんのそばで
かわいいプチYちゃんは、ぐんぐん大きくなって今や高校生。
プチYちゃんは、すっかり素敵な女の子になった。

10年ぶりに会えたね~。
嬉しかったな~。
嬉しかったよ~。

背も高くなったし、話すことも、もうなかなかの大人の話ね。
でも、プチYちゃんのかわいさは、そのまま!

お母さんのYちゃんも、毎日大変だろうけど
こんなにかわいくて美しいプチYちゃんに育って
よかったね~。
毎日の小さい、大きい、たくさんの愛情がプチYちゃんの笑顔になって輝いてる!


自分の部屋のように使わせてもらった
お世話になった和室にも優しい光が溢れていた。


c0124619_10231310.jpg



「お帰りなさい~」
「お風呂どうぞ~」
「夜は危ないから迎えに行くから、連絡してね」

まるでYちゃんのもう一人の高校生の娘になったような気持ちになりました。

そして

洗濯機の音、
カーテンを開ける音、
廊下を歩く家族のみんなの足音、
おやつの時間、
みんなで言う「いただきます」「ごちそうさま」
おしゃべりの時間・・・
一緒のお買い物・・・

りんご姫は、ほんとうの実家に帰ったような気持ちになりました。

YちゃんとプチYちゃんとりんご姫と・・・
女3人に居場所を取られ、
パパさんはちょっと小さくをならざるを得なかったわね。
次回は、パパさんともフランスの話をたくさんしましょう~。

あたたかく迎えてくれたこと、
何度もの駅までの送り迎え、
みんなの笑顔、
幸せな時間だったよ。
お世話になりました。

心からありがとう!!

でも、「実家」だからまた帰るわね!!!
よろしくお願いしま~す!!!
[PR]
by echalotes | 2010-11-25 23:49 | ailleurs かの地 日本
熱海の梅園の駐車場を出て、右手に曲がり
さらに昨日来た道を・・・
箱根に逆戻り・・・

くねくねの急坂を
上る上る~

だって、お天気がよくなるって予報だったから
せっかくだから

芦ノ湖まで戻ったのだ。

c0124619_9412129.jpg


山と湖とほんとのススキと、「ふーっ。日本にいるんだな~」としみじみ思う。

c0124619_9415550.jpg


マレのエシャロット港よりも
ぐんと大きく(あたりまえじゃ~)、ぐんと整備された
この港から遊覧船に乗り込む。

c0124619_9422213.jpg


乗ったのはごく普通の遊覧船、目の前を通っていくのは海賊船!
海賊船は乗るより見たほうが楽しい!ねっ。

c0124619_9424723.jpg


「渡し」もいいけど、遊覧船もいいね~。

c0124619_9431373.jpg


見えてきたのは、駒ヶ岳。

c0124619_9444989.jpg


「渡し」と同じように、接岸は慎重にね、船長さん!

c0124619_9434048.jpg




駒ケ岳へは、ロープーウェイで全長1800メートル、7分間の空中散歩だ。

c0124619_9453151.jpg


でもね~高所恐怖症のりんご姫は、ちょっと怖いんだな~。

c0124619_9455687.jpg


それでも、景色は見たい!

c0124619_9462748.jpg


上からの芦ノ湖、大きいね。

c0124619_947568.jpg


展望台や箱根元宮のある山頂に着いて

c0124619_9474356.jpg


芦ノ湖とは反対側の景色を眺めれば

c0124619_9481372.jpg


駿河湾

c0124619_9484139.jpg


そして、関東平野、ほんとに平らだね。

c0124619_9491022.jpg


東京、新宿方面まで見える!

c0124619_9494354.jpg


実に見晴らしがいい。

c0124619_9501364.jpg



しかし、すぐそばにあるはずの
富士山は、雲に隠れて見えずじまい。

麓に戻るロープウェイは、完全に雲の中での空中散歩であった。

c0124619_9513218.jpg


自分の足で一歩一歩登る登山ではなかったけれど
再び、日本の山の上に立てて嬉しかったりんご姫であーる。

c0124619_952532.jpg


「渡し」の船長さんは、遊覧船の船長さんの〝棹さばき〟にも興味津々。
パソコンの画面に映っているのは、湖の深さの映像か・・・

c0124619_9543235.jpg


こっちの白鳥さんに乗ってもよかったんだけどね~。

c0124619_9524853.jpg


仕事を終えて、もどる白鳥さんたちには誰も乗ってなくて、ちょっと不思議だけど
並んで港へ帰る風景はなんとも微笑ましい姿であった。


港へ戻った後は、
これまた、せっかくだから・・・と
箱根駅伝ミュージアムへ入ってみる。

c0124619_9551080.jpg


ここではこの人たちも走ってる!

c0124619_9554469.jpg


アスリートにも
c0124619_9561044.jpg


お手洗いが必要よね!!

c0124619_9563435.jpg


駅伝の復路のスタート地点も確認したら、

さて、いよいよ東京へ向かう。

c0124619_957196.jpg


ほんとにくねくねの道だわね。

c0124619_9574437.jpg


ほんとに楽しい紅葉巡りの旅であった。

c0124619_958669.jpg


東京を出発したときもそうだったように
帰りも
葉山の海の横辺りで少々渋滞に巻き込まれ

c0124619_9583186.jpg


おまけに
りんご姫が、第1目的地と第2目的地とを入れ違ってカーナビに登録していたため・・・
「ごめんね~、スーちゃん!
長かった運転に、おまけの遠回りまで付け足しちゃった!
ほんとに申し訳ない!
でも、時間がなくなって、焦って入ったところで食べた夕飯は
なかなかだった。
今回の紅葉ドライブ、スーちゃんのおかげで実現できました。
ありがとう~!!」

はたけ番さんにお会いできたこと
八ヶ岳に挨拶ができたこと
お日様の下、そして雨の下でも紅葉が楽しめて
さまざまな風景、かずかずの思い出、
いい旅になりました。
[PR]
by echalotes | 2010-11-23 23:58 | ailleurs かの地 日本